自分を責める癖を治して成長する方法。

こんにちは、えーきです。

 

実は僕、

自分を責める癖があります。

 

どんな感じかというと、

何か失敗を犯してしまったり、

めちゃくちゃ恥ずかしい経験をすると、

 

なぜか自分の頬をビンタしてしまうのです…!

 

なぜ、こんなことをしてしまうのか。

 

自分でもわからないまま、

気がついたら20歳になっていました。

 

しかし、最近、

やっと答えを見つけることができたのです。

 

その答えは、何かというと、

僕は「あるべき自分」をずっと作り上げてしまっていたのです。

 

人は、

「あるべき自分(理想の自分)」と「あるがままの自分(現状)」

との、ギャップの差で苦しむんだそうです。

 

僕の小さい頃は、

 

親から認められず、友達からも認められず、

ずっと劣等感を感じて生きていました。

 

「テストで100点を取らないといけない..。」

「100点取れない自分はダメな子なんだ..。」

 

子供は、親や学校の先生など、

 

周りの環境の影響によって、

自然とそう思うようになっていきます。

 

だから、

普段から「優れている自分」を作り出して、

無理して演じようとしてしまうのです。

 

僕もそうでした。

 

僕は父親から、

「お前は、医者になれ。だから勉強しろ」

と、ずっと言われてきました。

 

しかし、

医者になりたいと思ったことは、

1度たりともありませんでした。

 

僕の兄は、

医者になることに前向きだったので、

勉強を必死に頑張って、

 

兄弟間で圧倒的な差が生まれていきました。

 

周りからは、

「お兄ちゃんを見習いなさいよ」

と言わんばかりのプレッシャーを受け、

 

優等生でないといけないんだ。

周りからそう見られないとダメなんだ。

 

と思うようになりました。

 

あるべき自分を、演じていたので、

本当のあるがままの自分を見せたら、

嫌われるんじゃないか。という恐怖心があり、

 

人間関係も出来るだけ踏み込まず、

壁を作って接するようになりました。

 

 

表面的には仲良くなるんだけど、

深い繋がりにはならない。そして離れる。

 

そんなことをずっと繰り返してきました。

 

これは、

「自分に力がないからなんだ。」

と思うようになり始めたくらいのころ。

 

ある日出会ったのが、

「ネットビジネス」でした。

 

ある人は、

 

昔、酷い目にあっていたけれど、

起業して自動で稼げるようになって

周りから優等生に見られるようになった。

 

などと言っており、

 

「そうか、、。オレはお金を稼げさえすれば周りから認められるんだ。優等生として見られるようになるんだ!」

 

と、今まで求め続けていた、

念願の答えが見つかったような瞬間でした。

 

そこから、

ネットビジネスを学び、

とことん実践していって、

 

いつの間にか「月収100万円」を達成していました。

 

けれど、、。

 

なぜか、全く満たされない自分がそこにはいたのです。

 

「なぜだ..?こんだけ頑張ったのに。。」

 

いくら考えてもこの問いが晴れることはありませんでした。

 

その後も、

優れた自分を見せびらかすように、

発信をするようになったりもしました。

 

その原因は、

「自分が優等生に見られなければならない」

という、”あるべき自分”です。

 

 

このことが、

間違っていることに気が付いたのは、

あるコミュニティとの出会いがあったからでした。

 

 

僕は、

 

現在大阪に引っ越して、

天才経営者と呼ばれる人たちと、

毎日、共に過ごしています。

 

※天才経営者とわかりやすいので述べていますが天才以上にすごい方々です。

 

自分で稼いだ全てのお金を、

世界の水を良くするために使っていたり、

 

命をかけて、

日本を良くするために本気で生きているのです。

 

僕は、その生き方や働き方に感化され、

 

いつの間にか、

東京から、大阪に引っ越していました。

 

そこでいつも通っている

茶肆ゆにわのカウンターでお茶を飲んで話している時、

 

僕は、茶人のスガイさんに話しかけました。

 

「失敗を犯すと自分を自分で責める癖があるんですよね。」

と。

 

そしたらスガイさんは、

「それは過去が生み出した”あるべき自分”だね」

 

という風に、話してくれました。

 

 

その時になぜ今まで自分が、

「自分を自分で責め過ぎてしまうのか」

 

その理由が、全てつながったのです。

 

薄々とはわかっていたのだけれど、

初めて、言語として理解できました。

 

 

僕は今まで、「優等生」

という、”あるべき自分”を作り出し、

出来るだけ優秀に見える自分を作ってきました。

 

それは意識的にではなく、

無意識にやっていたのです。

 

「こうしていたら褒められる」

「こうしていたら認められる」

 

そういう、間違った動機から、

全ての行動を決めていたのです。

 

だから、間違ったことをした時や、

期待(褒められる)を裏切られる状況になった時、

永遠と自分の失敗を反芻し自分を責め続けてしまう。

 

これは、僕だけでなく、

いろんな人の相談に今まで乗ってきて、

 

過去の経験から影響を受けて、

作り上げられた”あるべき自分”と、

 

今、この瞬間の

“あるがまま自分”とのギャップ。

 

に苦しんでいる人をたくさん見てきました。

 

「なんで自分はこう(あるべき自分)じゃないんだ。」

 

って、なるから、苦しむ。葛藤する。悩む。

 

 

でも、本当は、

”あるべき自分”である必要はない。

 

 

だって、それは、

 

子供時代に、

親や、学校の先生、

テレビ雑誌ラジオ映画ゲーム

 

などによって作り上げられた、

”幻想(あるべき自分)”に過ぎないからです。

 

 

僕はこのように、

あるべき自分と、あるがままの自分を、

識別できるようになってから、

 

自分を責める癖が一瞬にしてなくなりした。

 

それをきっかけに、セルフイメージも高まり、

「自分ならどんな困難にも立ち向かえるぞ!」

という勇敢な気持ちになりました。

 

僕のありのままの自分は、

「主体的で魅力的な人を日本に増やす」

ことを求めています。

 

人は、ありのままの自分の時、

自分のためだけに行動することは絶対にしません。

「自己成長」と「他者貢献」

 

それ以外のことを求めないのです。

 

僕がよく言っている、

 

「日本を良くしたい。」

「みんなの人生に革命を起こしたい」

 

これは、”あるべき自分”ではなく、

“あるべき自分”を取り除いて残るものなのです。

 

だから、「識別」はとても大事なのです。

 

といっても、

 

自分自身のことは、

自分自身が1番わからなかったりします。

 

できているようなつもりでも、

わかっているようなつもりでも、

意外と全く違う方向にいっていた。とか。

 

だからこそ、

周りに見てもらえるような環境って、

めちゃくちゃ有難いな。と思っています。

 

僕は、

 

オンラインコミュニティを

作っているんですけど、

 

そこでは、

周りから見た率直な感想を述べていくので、

本当の自分の理解がとてつもなく早く進んでいきます。

 

 

もし興味がある方は、

メルマガにてご連絡くださいね。

 

それでは、

ありがとうございました。

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!