唯一ある予防法は、自分に嘘だけつかない事。

こんにちは、えーきです。

スピリチュアルな世界に浸っているだけで、
行動しないと意味がない。

思考が現実化する。

確かにそうです。

マインドによって全然変わります。

 

だけど、
それだけでは結果を出すことはできません。

棚からぼた餅は稀中の稀です。

宝くじが天から降ってくることもありません。

マインド+行動をしないと意味が無いのです。

思考力x行動力は何にでも適応することができます。

 

自分のことは、
自分が一番よくわかってないケースが多いです。

 

じゃあ、
どのように自分を知ればいいか?

自己分析だけでは不可能です。

 

なぜなら、
自分の許容や、
色目がどうしても入るからですね。

完璧主義になれとまでは言いませんが、

 

客観的にロジカルに自分を捉えてくる

人間から学ぶのが一番早いです。

 

要は、
確固たるデータから
自分を見てくれる人間ですね。

僕がコンサルする際は、
そこを重点的に置いていますね。

人間は言語化されていないと、
明確な道って見えて来ないのです。

 

 

話は変わりますが、

人生後悔したくないですよね。

70歳、80歳になって、
後悔するのはもう遅いんですよ。

行動はもちろん何歳でもできます。

でも、
身体にガタが来ていては、
なかなか行動しづらくなります。

ただでさえ、
若くても行動する人が少ないわけです。

 

『最高の人生の見つけ方』
という映画がありますが、

あれはジャックニコルソン演じる
エドワード・コールが

余るほどの資本を
持っていたからこそやり遂げられた訳です。

そこから分かることとしては、

身体が動かなくなる前までに、
資本を稼ぐというのが一番ですね。

 

資本は、
お金でもあり、
信用でもあります。

 

お金または、
信用さえ持っていれば、
高齢になって自分が動けなくなっても、

自分を訪ねて来て、

情報や豊かさを提供してくれる人間が
現れるでしょう。

 

やはり、

人生において一番怖いことは、
自分自身に嘘をついて、

本当はやりたくないことを
永らくやってきてしまうことです。

一昔前であれば、
仕方がない部分もありました。

 

でも、
現代であれば、
本人の努力次第で
いくらでも生きていくことは可能です。

 

人間は
自分に嘘をつけばつくほど、
本当の自分を見失います。

僕が大好きな、
ONE OK ROCKの「じぶんROCK」という曲があるのですが、


今日の君は信じること忘れずに目覚められていますか?
時が経つと自分さえも信じれなくなる時代のようです。
自分では気づかないのがこの症状の特徴で、
唯一ある予防法は自分に嘘だけつかないこと。

本当にこの通りだと思います。

 

自分の信念というものは、
自分に嘘をつくと、
ぐらついて見えなくなっていきます。

そして路頭に迷うのです。

 

本当の自分を見失ってしまうと、
死ぬ直前に本当に後悔するそうです。

 

何かと嘘の理由をつけて、

本当はやりたくないのに、
ずっとやり続けるのはやめましょう。

 

時に「これは経験だ!」と
ポジティブに捉えることも大切なのですが、

自分に関してだけは、

そういうこと一切関係なく
ちゃんと見つめ直していく必要性があります。

 

これに、
人生で一度も気づけないことが一番怖い。

結局私の人生ってなんだったんだろう?

って死ぬ前に
絶対に思いたくはありませんよね。

 

僕は、
「平等」って基本的に無いものと思っています。

 

例えば、

このブログを読んで、

この情報を知ることが出来て、
自分の人生を生きる!と思える人もいれば、

知ることすらできないまま
最後に後悔する人も存在します。

そもそも、
完全なる平等って
人生で一回たりともなかったはずです。

 

僕自身も生きてきて、
平等だったことなんか一回もありません。

 

それは、社会が悪いんだ!とは、
無知だったかつては思っていましたが、

現在は全くそう思いません。

 

そもそもとして、

『平等』は道理に合わないのです。

道理というのは、
どんな時であっても適用する原理原則です。

 

日本は資本主義国家ですけど、

事実、
「平等」と大きくうたっている
社会主義そして共産主義国家
というのはどんどん崩壊している訳です。

「国のせいで」とか
「社会のせいで」とか言っている人間は、

 

自分に対する不利益を
振り切れる程の努力が出来ているのか?

という話です。

大半はできていない。

本気になっている人間は、
愚痴をこぼす暇なんてありません。

たとえ、
自分に対する不利益があっても、

良い方向に向かわせます。

 

昔の僕も、

大した努力もしてないくせに、
〜〜が悪い。とこじつけていました。

外部要因に固執していたんですね。

 

でも今は、

それも話のネタになっています笑

周りを蹴落として、
自分自身のプライドを
どうにか保ったとしても、

簡単に周りの状況って変わってくれません。

自分が変わらないと、

周りは変えられないのです。

何の価値もない人間に
何か教わりたいですか?

教わりたくないですよね。

その人に何かしらの価値が
あるからこそ時間をさいて教わるわけです。

 

僕だって、
昔の何もできなかった
自分からは教わりたくないです。

 

それくらい、
世の中は実力主義なのです。

弱肉強食という言葉の通りですね。

 

では、
弱い人間はどうすればいいのか?

という疑問があると思います。

 

それは、

適切な努力をする他ありません。

特に日本や資本主義国家では

努力をする権利が与えられています。

この国にせっかく生まれたのだから、
本気でやらなくでどうすんの?って話です。

 

共産主義では、
中央集権化しまくっているので、
政府がやりたい放題やっていて、
努力する権利が剥奪されていました。

 

努力する自由が無いんですね。

それに、
努力しない人間が
救われてしまうような社会です。

それこそ、
本当の意味での『平等』から
遠くかけはなれていると思いますね。

 

現状が満足いっていないのなら、
とにかく行動してください。

スピード感が何よりも大事です。

 

なぜなら、時間が一番大切なので。

しかもスピード感というのは武器になります。

 

実際に、
先着1名限定というツイートに対して、
即リプしてきた人がいるのですが、
無料でコンサルしています。

早いだけでも価値になるのです。

 

何かわからないことがあれば、
すぐに質問して理解する。

何かやりたいことがあれば、
やらなきゃならないことをとっとと済ませて、

即やる準備をする。

 

これらをしっかりこなせば、

ビジネスの世界において、
なし得ないことはありません。

スポーツ界や将棋界などでは、
難しいことでも、

情報ありきのビジネス界では、

適切な努力次第でどれだけでも上を目指せます。

 

「ビジネス」という言葉に
嫌悪をもたれる方がたまにいます。

ハッキリ言いますが、
その時点で
情報を何も知らないのだな。と思います。

ビジネスしてくれる人がいないと、
世の中のサービスは一切機能しません。

ごく稀に、
価値のないサービスを売っている
輩も存在するでしょう。

でも、
価値のあるサービスを提供すれば、

良いサービスにどんどん流れていくので、
世の中のサービスはもっともっと良くなるのです。

 

そして、
資本主義経済では、

資本を得ることで、
更なる自由を得ることができます。

『人生一度きり』

自分がやりたいことを
徹底的にやるしかないっしょ。

主人公は自分1人だけです。

ということでした。

以上です。

では!!

 

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!