説得力のある文章を書く3つのポイント。感化力を身につけよ。

こんにちは、えーきです。

 

今日は、朝8時からカフェで作業をしています。

 

朝に弱いえーきちにとっては、
8時はみんなの朝5時くらいの感覚です。

 

実は早起きをしたくて、

コミュニティ仲間と
8時集合と約束して集まって作業しています。

その間、話し合ったりしながら、
ブログやツイートのネタを考えたり、
1日の方向性を決めています。

自分1人だったら起きれなくても、
みんなでやれば起きられるんですよね。

 

昨日あんちゃさんからアドバイスもらい、
毎日ブログを更新することになりました。

ブログ更新にあたって、
文章をもっとわかりやすくしたいな。

ということで、
本やサイトで調べていました。

 

Amazonで本を5冊買って読んでみると、
確かに内容がわかりやすいんですけど、
正直、テクニックばかりだなと思いました。

 

テクニックってどうしても付け焼き刃で、
根本を解決しないと、
真の説得力のある文章は書けるようにならないです。

 

なので、今回は、
文章のプロから直々に教わったお話をします。

これで説得力のある文章を
いつでも生み出せる人になれると思います。

1.体験談を語る(自分が体験してなくてもOK)

説得力のある文章は、

結論から話すと、
主語や数字や根拠が、
とっても具体的なんです!

 

「あれ、これ、それ、その、あの」

とだけ言われても、
「誰が?どれ?何が?」と思われてしまいます。

 

出来るだけ、
主語述語は明確にした方がいいです。

 

その上で、
ざっくりでもいいので、
数字を出しみましょう。

 

大体、100個くらいあるなら、

「私の肌感ですが、100個前後です。」

と、答えたら間違いないでしょう。

 

はっきりとわからなくても、

経験則的にいうと、や、
肌感ですが、感覚値ですが、など。

私の意見は〇〇だよというのを、
間違っててもいいので主張しましょう。

 

今の時代って、
男性がマスオさん化してるので、
断定できる人が少なくなってきています。

「〇〇だ!」ではなく、
「〇〇ではないかと思います。」が多用されてますよね。

 

確かに、
「思います」と加えるだけで、

柔らかい印象になりますが、
圧倒的に説得力に欠けてしまいます。

大切なのは、
上から目線にできるだけならないように、
相手をたてながら、断定するってことです。

たまに、上から目線で、
ツイートしまくってる人がいますが、

ファンならいいけど、
ウザってなりますよね正直(笑)

 

上から目線と説得力は相関性がありません。

上から目線だけど説得力がない人って、
世の中にたくさんいます。

肩書きや自分のプライドに執着してる人は、
よくありがちですよ。

 

上から目線をなくし、
指示語を明確にした上で、
自分の体験談を語っていきましょう。

 

たまに、
自分の話を一切しない方がいますが、
それ、もったいないですよ。

アピールできる場で、
発信することは立派なこと。

 

意見を言わなかったら、
人に口がついている意味がないでしょ。

 

僕は、ビビリなんで、
出来るだけ事なかれ主義になりがちですが、
そんな時ほど勇気を振り絞って発言してみると、

 

世界が変わります、冗談抜きにして。

 

で、実際に自分が体験したこと
じゃなくても、全然OKなのです。

体験談って、
誰かが話していたエピソードでも良くて、
自分の意見も交えながら引用したらいいのです。

 

加えて、引用先と自分との、
関係性が見えたらベストですね。

 

例えば、

僕の関わってるAさんは、
ネイルの会社を経営していて、
その会社のお客さんが〇〇と言っていて…。
(1.関係性を見せて引用)

僕は△△って思ったんですよね。
(2.自分の意見)

 

こうすると、
周りの人から聞く体験談全てが、
話や情報発信のネタになってしまうのです..!

 

言い方はおかしいですが、

たわいもない話ですらも、
お金に変わってしまうってこと(笑)

すると、日常全てが、
説得力のある文章に早変わりするのです。

2.ペーシング(読み手と同化する)

これは、
文章やカウンセリングのプロが、
こぞって裏で使っている技術です。

 

読み手と同化するというのは、
相手の立場に立って文章を考えることです。

 

例えば、

深刻なことで悩んでいる時に、

「お前、元気出せよ!!!」
って、急に言われたら、

「え?」ってなりますよね。

要は、KYということです。

通常の会話であれば、
空気をぶち壊してもらった方が、
良い時もあります。

 

しかし、文章は、
ニュアンスが伝わりにくいので、

「え、これギャグなの?それとも本気?」

って、読者を混乱させてしまいます。

だから、
自分の文章を読んでくれる人を想像しながら、
寄り添ってあげるイメージで、
書いてみると説得力が数倍跳ね上がります。

 

僕であれば、
自分が過去悩んでいたこと、
そして、今悩んでいること、

をよく文章化して、
お伝えすることが多いので、

 

「1.体験談」と組み合わせて、
読者さんとペーシングしていきます。

 

逆に、
ビジネスバリバリやったるぜ!
という人に向けてだったら、

力強い言葉で、
引っ張っていくこと、
これも、「ペーシング」です。

ペーシングできるようになると、

文章だけでなく、
実生活でも「この人説得力あるな〜!」と
信頼の的になること間違いなしです。

3.相手に喋ってもらう感覚で文章を書く

「人は自分でとった選択を正しいと思いたい生き物である」

かの有名な、心理学者は言った。(たぶん)

例えば、

「あんた英語勉強しなさいよ!!」
と母親から選択を強いられた行動は全くやる気出ないけど、

「よし、英語勉強してみよう!」
と自分で選択した行動はやる気に満ち溢れる。

 

この違いは、

「自分が選択したか、してないか」

だけです。

これを知らないと、
人間関係の壁に必ずぶち当たります。

 

親子関係や夫婦関係で、
問題を抱えているところの多くは、
相手に選択を強制させています。

 

子供は
「大学行きたくない!」
と、言っているのにも関わらず、
親のエゴで無理やり入学させたり。

 

よくあるパターンです。

人は、
「これは自分で選択をした。」
という認識がないと、

いくら正論だったとしても、
人を動かすことはできないのです。

 

親から無理強いされた選択肢は、
絶対続かないでしょう。

 

僕も無理やり塾に入れさせられましたが、
ほんの数ヶ月で嫌になってやめました。

 

しかし、高校3年生の頃、
よなたんさんに出会ってから、
受験勉強が本当に楽しくなりました。

 

誰から強制されるでもなく、
1日12時間とか当たり前にやってました。

 

要は「感化すること」です。

感化する力が身につけば、

自然と説得力が増して、
応援してくれる人が増えて、
いつの間にか成功してしまいます。

 

洗脳とは全く逆です。

洗脳というのは、
無理やり説得してしまう技術です。
これは必ず反動がおこります。

ブラック企業や、
カルト宗教がこぞって
潰れているところを見てもわかるでしょう。

 

感化力というのは、
無理強い選択させるのではなくて、
自然と自分が動きたいと思わせる力。

 

例えば、
熱い思いを持って生きている人を見た時

なぜかわからないけど、
「自分も頑張ろう!」って思いませんか?

 

芸能人だと松岡修造さんとか(笑)

身近な人だと、
茶肆ゆにわ店長のこがみのりさんは、
感化力がとてつもないです。

こがさんがいるだけで、
場の空気感が変わりますからね。

 

感化力は、
テクニックという次元じゃなくて、
日常に”全て”現れます。

 

・普段の行い

・普段考えていること

・自分が目指しているところ

だから、
テクニックでは、
ごまかしが効きません。

 

僕は、感化力を身につけて

”ちょっと話すだけで自然と元気になれる人”

を目指していきます。

洗脳力とは違って、

感化力は幸せになるものなので、

積極的に身につけていきたいものですね。

まとめ

説得力のある文章を書くには、

 

1.体験談を語る(自分が体験してなくてもOK)

2.ペーシング(=読み手と同化する)


3.相手に喋ってもらう感覚で文章を書く

この3つを意識して、
今日から過ごしてみてください!

 

それでは、
ありがとうございました!

最近始めたLINE@では、
感化力を身につける方法を話しています。
興味ある方はぜひご登録お願いします。

P.S.

同じ志を持つ仲間であり、超人気ブロガーの、

執筆屋あんちゃさんからのアドバイス

で、

毎日、ブログ更新を進めています。

仲間たちと楽しく過ごしています。
朝カフェの様子です。どぞ!

御拝読、
ありがとうございました!

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!