時間が無いのではなく時間を上手く刻めていない。

こんにちは、えーきです。

「時間」というものは、
人間がもつリソースの中で一番大事なんだけど、

一番大事さに築けない。

 

なんともこんなジレンマが存在します。

 

よく「時間が無い」と言っている方っていますよね。

本当に無くて言っている人もいますが、

僕が高校生の時は、

時間が無いって言っておくとかっこいいかな
なんて思ってワザと言って見たりしました。

 

その現状を改めて振り返ると、
時間は全然ありました。

 

だけど、

「部活あるし時間が無い」
と言って、

友達の誘いとか余裕で断ってたんですね。

今考えると超もったいないですね。

 

折角、自分が好きで仲良くして居た
友達の誘いを断って
時間がないと言っておきながら

YouTubeでだらだらと動画見たり、
ゲームしてたり。

まあ、この例はいいとして笑

 

確かに
時間が相対的に無い人って存在しますよね。

例えば、
サラリーマンの方とか、
出張が多い方とか。

 

社会人全体の勉強時間は、
平均6分だと言われています。

ちょっと恐怖ですねこれは笑

 

本当に
6分しかできないほど
忙しいのでしょうか?

たったの6分ですよ笑

毎日何も収穫を得れずに

過ごしているようなものですね。

僕は起業をしてから、
毎日最低でも5時間は知識習得に当てています。

 

このくらい知識習得とれないと、
本当の危機感を覚えますね。

知らないだけで損する情報って沢山ありますからね。

例えばハピタスとか。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

こんなの知ってるかどうかの世界ですよ。

知らなければ、
何も得れずクレカを作ることになります。

ハピタスを知ってさえいれば、

登録してクレカ作って、
簡単に5、6万円手元に入りますからね。

それでさらに情報投資すれば最高ですし、
自分が今必要なものでも買えばいいんですよ。

 

僕はたまに
全くやらない日を設け
全力で休んだり遊んだりしますが、

1日1冊分の本を読むのは
もう当たり前の生活すぎて、
辞めることはできませんね。

日に日に
更に良い本に出会えた時の快感
というのは耐え難いものがありますね。

 

僕も毎日色々なやらなければいけない
仕事というものが存在して居ますが、

どうにかこの知識習得だけは
するように、あえてしています。

そのためのタイムマネジメントを
いかに考えて動くための努力をしています。

 

時間ないと言っている人の大半は、
その努力をおそらく怠ってしていません。

 

時間を刻めば幾らでも、

可処分時間を確保することができます。

 

例えば、
サラリーマンであれば、
通勤中に音声を聞いたり、

電車であれば本を読むのです。

 

それくらいの泥臭さを持っておくと、
本当に成果というのが出やすいです。

僕が受験生で結果を出して居た時は、
バスの中で立って勉強していましたよ笑

立って揺られながら、
世界史の単語とか年号とか覚えてました。

 

結果出している人は、
どんな状況下においても
結局やってるんですよね。

どんなに忙しくても、

可処分時間を増やすための努力をしています。

 

ここができているか
できていないかの

差ってとてつもなく離れています。

その差って単なる情報だけなんですけどね。

 

ホント、
情報は知っているか知らないだけで、

簡単に大きな差がつきますね。

 

忙しいと言って知識習得しない人と、

忙しいいけど知識習得している人は

あからさまに結果として現れます。

 

本題の時間をどうやって刻むかに
ついてなんですけれど、

 

1分でもあればやるってことですね。

 

僕も記事やメルマガなどの文章を書くときに、

完全に書き終わらなくても、
やれるところまでやっておくか思考でやっています。

 

時間を無駄にする人の大半は
『完璧主義』なんですよ。

完璧を追い求めて、
”とりあえず”やってみない人たち。

 

1時間という大きな括り方をしないと、

何かをなし得ないと思っている。

 

以前の僕はそう考えて、
夏休みの課題を最終日まで伸ばしまくってました。

 

1分でもあれば少しは進みますよね。

 

それが10回あるだけでも、
ある程度の文章は掛けてしまいますし、

 

本でも、
1分2ページだとしたら、

たった10分で20ページも読めます。

文字数によって多少ズレが生じますが、

20ページも読めば、
結構変わりますよね。

なんなら目次を見るだけでも勉強になります。

 

目次って本を要約してくれているので、
割と思い出すフックになったりして、

時間を刻んでいる時は、便利な項目ですね。

 

ということで、
この記事はあと4分で仕上げます。

 

こんな感じで、
締め切り効果を持たせて、
この記事もかいているわけです。

 

締め切り効果を発揮した時の人間は、
とてつもないパワーを発揮しますね!

 

最近、
いろんな事業をやらせてもらっているので、

時間が切迫する時もありますが、

そんな時ほど、
作業が滅茶苦茶に進んだり、
良いアイデアが降ってきたりします。

 

暇な時ってつまらないですよね。

だらだら動画見たり、
だらだらテレビ見たりするほど
自己否定に陥りやすいものはないと思っています。

 

動こうと思っていても、

人間の感情やモチベってナマモノなので、
少し経つと冷めて腐っちゃったりします。

 

だから、
感情やモチベを感じたら、
即行動を心掛けましょう。

 

一回冷めると、

「もう今日はいいか」

となり、

スーパー自己腐りタイムが発動します。

 

この自己腐りタイムが始まると、

最終的には自己否定に陥って、
「今日はなんもできんかったなー」となる訳です。

これって暇な時ほどなりやすいのです。

 

忙しい時は、
今日は何もできなかったってならないです。

疲れたけど、

今日はやったわー。と

謎の達成感を味わえます。

 

まじで時間を刻みまくって、

行動スピードあげて、
取り組んでいきましょ!

1週間単位で、
自分が進化してると気づけるでしょう。

その時の達成感は最高です。

 

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!