仕事道具には躊躇せず500万円以上投資しまくってきた話。

こんにちは、えーきです。

 

僕は、マーケティングを学び、クライアントや企業にコンサルティングして、売り上げをあげています。

 

たまに、アフィリエイターですか?と言われるのですが、

 

そんな小さな範疇で動いていないというか、マーケや情報発信ができれば、アフィリだろうが、アドセンスだろうが、コンサルだろうが、何やったって、結果が出ます。

 

僕にとっての仕事道具は、「思考とパソコン」のみです。

まず、僕にとって一番重要なのは、マネタイズするための脳みそなので、

脳みそには投資しまくります。

 

例えば、

自分より格上だと思う人からコンサルを受ける。(80万円)

リサーチで高額なコミュニティに入ってみる。(35万円)

教材(本を含め)を購入する。(200万円以上)

成功者にご飯をおごる。(100万円以上)

 

おそらく、500万円以上は、

思考を鍛えるためにお金を使ってきました。

 

成功者にご飯をおごると、

気に入ってもらえて良い情報を得れたり、

新たな人や機会と繋がることができます。

 

僕は脳みそが全てなんですよね。

だから、学びが一番の投資先です。

 

そして、脳みそというソフトウェアの次は、

パソコンというハードウェアですね。

 

ハードウェアはソフトウェアありきなので、

まずは脳みそに投資すべきなのですが、

ハードウェアが全然動かないとストレスが溜まって良くないです。

 

僕は、MacBookProというパソコンや、

AirPodsといったBluetoothイヤホンを使ってます。

 

ぶっちゃけいうと、

インターネットでビジネスすれば、

パソコンをカタカタさせているだけで、

月収100万円とか余裕の世界です。

 

外に出なくてもいいし、

引きこもりながらでも稼ぐことは可能。

 

もう、真面目に働ければ報われる。という時代は終わりました。

 

いかに、生産性高くお客さんに価値を提供できるか?

これが全てです。

 

そのために、まず脳みそには稼いだ額全部をつぎ込む。

僕はバイトをしながらビジネスをしていたのですが、

生まれたバイト代は生活費を覗き全て学びに投資してました。

 

そうしてたら、1ヶ月経って、

月収10万→30万→50万→100万

という感じで右肩上がりに収入が伸びていきました。

 

たまに、バイト代をブランド品とかチケットとか、

自分の好きなものに全部つぎ込もうとする人がいますが、

それは、稼ぐ力を身につけてからでも遅くないのでは?

と思ったりします。

 

僕も、当時、服が欲しかったり、時計が欲しかったりしてたけど、いつでも買えるようになってから、本当に欲しかったわけじゃなかったんだな。ということに気がつきました。

 

ブランド品を買いたい!というのは、

自分はもっと凄いんだ!認められたい!という、

「承認欲求」が要員だったりします。

 

僕は、稼ぐ力を身につけてしまったがために、

周りから認められまくって、物欲がなくなりました笑

 

でもそれでいい。

素敵な人たちに囲まれながら生活できればいいんです。

そして、日々成長を実感しながら生きる。

 

成長と収入というのは比例するので、

楽しく仕事しているのにいつの間にかお金が増える。

という、そう言った状況になってます。

 

で、お金は貯めておいてもなんの価値も生み出さないから、

仕事道具にお金を使って、情報得て、スピードを加速させていく。

 

おすすめの仕事道具を載せておきます。

えーきの仕事道具

 

それでは。

 

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!