それって、本当に重要ですか?次に繋がるの?

こんにちは、えーき です。

 

今回は、最重要事項について話していきます。

 

いま19歳の僕ですが、時間や若さは超大事だと思っています。

 

正直、何年後かの自分が今の自分よりオラオラやれるかって行ったら、難しいと思いますね。

 

今この瞬間が一番若ぇ訳ですから。

 

だからこそ、ちんたらやってらんねえなwってのが本音です。

 

やるんだったらやるし、やらないならやらない。

僕が起業して受験を辞めた時もそんな覚悟でした。

 

だからこそ、最優先事項をとことん行うってのが超大事です。

ってことで、早速本題を話していきますね。

 

最優先事項は人によって変わる。でもビジネスで成功したいなら同じ。

まず、大前提として、最優先事項ってのは、人によって変わってきます。

 

例えば、Aくんがいたとして、

Aくんは、「女性にモテたい」というのが目的であれば、

 

まずは女性に会う。というのが最優先事項ですよね。

 

会わないとモテるという現象すら起こらないので。

そのあと、清潔感を出す。や自信を持つ。とかが重要になってくる。

 

ここでよくある間違いとしては、

モテたいからと急に腹筋を鍛え出す奴笑

 

いやいや、まず会うことが一番重要じゃ無いの??

会わないとモテると言う概念すら起きませんよね?

 

ということなんですね。

 

ビジネスの最優先事項。超超超シンプルです。

ビジネスでいう最優先事項は、

・マーケティングをして利益を上げること。

・そのために必要な『知識習得』をすること。

 

以上です。

 

いやーシンプルっすよねw

難しいことやって無いです。

 

よく、ビジネスの話をすると、

勝手に複雑にしようとする方がいるんですけど、

そんな複雑なものじゃあ無いんです。

 

ビジネスで成功して、お金持ちになりたい。

ってのが最優先であればこれだけ。

 

まあ、資本主義で勝つならこれを最優先事項に持つべき。

周りのアホほど稼いでいる人ほど、この二つ最優先事項だった。

 

出来るビジネスマンほど、物事をシンプルに考え、

成果が出る2割ほどの作業を一点集中して行います。

 

だから、時間が生まれてもっと自分を高められる。

 

時間は有限です。

 

だからこそ、自分にとって最重要なことをやっていく必要がある。

 

最近、色んなクライアントさんを見て、

中小企業含め、「いやー、その作業必要?」って思うことが良くあります。

 

「それやる必要あります?」

常にクライアントさんにはこの言葉を投げかけているし、

 

僕自身も、5分毎に問いかけています。

 

僕の意思なんて豆腐程度なんで、

やるぞ!って決めて、ふとすると、スマホいじってたりしますからね笑

 

本当に、「お前ふざけんな!」って感じです。

 

そもそも、僕は自分なんか信用してないんで、

自己流で考えないし、プライドとかないし、作業も家ではやらないので外に出ちゃいます。

 

忘れちゃうんで、メモるし、付箋をパソコンに貼っておくし。

僕は、自分なんかよりも環境を信用しまくってます。

 

そうすると、成功者の最優先事項に自然となっていくので、当たり前に成果が出ますね。

 

ブロガーにとっての最優先事項はなんですか?

続いて最優先事項の話をしていくのですが、

 

例えば、ブログでいうと、

プラグインだったり、外観をめっちゃ気にしている人がいるんですけど、

 

どう考えても一番大事なのは、記事ですよね。

テキスト、コンテンツな訳ですよ。

 

前の僕もそうだったんですけど、

 

テキスト以外考えて時間を浪費している時点で、

まず、全く客観的になれてませんよね。

 

自己満足で動いちゃっている。

 

読者からすれば、そんなんよりも濃い内容もってこいや。

面白いコンテンツ読ませろや。

 

ってのが本音な訳ですよね。

 

だから、リサーチや知識習得が大事だし、

何より書くことが最優先事項なわけです。

 

その、知識習得においてもそうですけど、何を最重要とするか。

 

僕が慶應大学法学部を圧倒的合格点まで持って行った時は何したかっていうと、

配点の割合が圧倒的に高かった英語をやりまくった訳ですよ。

 

特に英単語は、狂うほどやりました。

正直受験は英単語で9割近く決まります。

 

そこをやるべきな訳だけど、受験のウェイトからしたら2割程の作業量な訳ですね。

 

他の人は長文だとか、文法だとかにめっちゃ時間をかけていた。

でも、重要なのって点数取ることないしは合格すること。

 

そう考えると、周りがやっているから。ってのは何の意味も持たないですよね。

 

同調意識や常識ってのも最優先事項ではない。

 

周りがやっているから(常識)=正しい。は間違った認識。

常識ってのがありますけど、

常識ってその時代や国ごとの常の意識(価値観)な訳なので、

普遍的なものではありません。

 

日本の常識はアメリカの非常識だし、

社会主義国家の常識は資本主義国家の非常識。

 

常識=正しい訳ではなくて、その時、その場で、蔓延している価値観ってだけ。

 

たまに、ビジネスや受験に美徳を感じている人がいますけど、

何より大事なのは成果を出すことですよね。

 

そのために取り組んでいる訳です。

稼ぎたい!って思っているのに、
「ビジネスは趣味でやってます」って言い訳する人がいるんですけど、

 

リアルな話をすると、一定の実績や成果を出さないと相手にもしてくれない。

 

努力よりも成果。過程よりも結果。

 

無駄も人生の楽しみの一つっていうのは、

ある程度余裕がある人が言っている事なので流される必要はないですね。

 

話を戻すと、

最重要なことって意外と少ないです。

 

19歳で月収100万稼ぐえーきの場合

えーきの場合だと、

 

・知識習得。

・ビジネスを構築、マーケティングして利益を上げる。

 

これだけ。

難しいことやってない。超シンプル

 

やるべきことが超シンプルがゆえに、価値を高める知識習得時間が生まれ、もっと富が生まれる。

 

やったほうがいいこと

・英語やる

・海外で経験を積む

・資格を取る

・労働する

・人と会う

 

やったほうがいいことは、ある程度収益が自動化できた上でやればいい。

 

最優先じゃ無いこと。

・SNSをいじる。LINE、GMAILを確認しまくる。

・無駄な動画を見る

・ゲームをする

・無駄に寝る

・無駄に食べまくる

 

書き出してみて思うのが本当に少ない。

やるべきことはとにかく少ない。

 

最優先じゃないことの共通点としては、

 

それ、次に繋がりますか????

 

作業ごとに常に自分に問いかけて下さい。

 

これに尽きます。

次につながらないことをやっても意味がない。

 

例えば、情報発信してて、経験のために海外旅行行きます。って人たまにいるけど、

そこで、現地の人と話してビジネスに発展させてその内容をブログに書く。

とかだったら次につながっている訳だけど、

 

海外行って楽しかったー。じゃあんまり進んでないっすよね。

 

あとは、「勉強のためにセミナーに行く」も典型例。

セミナーに行って色んな人と話す。までセットにあるならいいんですけど、

勉強のためにセミナーに行くってのはもうコスパや時間対効果が悪すぎてありえません。

 

そんな時間あるなら、その道のプロから徹底的に学んだほうが早いです。

 

まとめ

まとめると、

”最優先にやるべきこと”

それだけやればいいんですよね。

 

他はいらねえええええです。

 

僕の場合、早く成果を出したかったので、やったほうがいいことは切っていきました。

受験にしろ、ビジネスにしろ、だらだらやりたくなかったんですね。

 

正直いうと、昔の自分も含めて時間とか若さの重要性がわかっている人が少なさすぎ。

責任感とか当事者意識が低かったりします。

 

社会人になると、全て自己責任になる訳ですよね。

過程とか努力とか、もちろん大事なんだけど、

そこは見られない。というか最優先事項ではありません。

 

努力は手段に過ぎないので。

 

長く努力すればするほどってのは受験業界の幻想です。

 

最優先なことをやって土台を作り、

様々な余裕を手に入れてから、

いろんなことをチャレンジする。

 

これが一番良いと思います。

 

僕は稼いだお金は、基本的に情報に投資しますけど、

旅行行ったり、美味しいご飯食べたり、服買ったりはします。

 

でも、それは僕にとって最優先事項ではないのです。

 

脳みそに投資しまくって頭を鍛えたからこそ、

正直、旅行行くのもご飯食べるのもネタになるという最強状態。

 

経済的な土台を作った上で色んなことをやっていくべき。というのは常にあります。

 

こんな感じで、僕の最優先事項を話してみました。

まあシンプルだったと思います。要らないのは常に捨てていく。

 

ということで、以上です!

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!