浪人生から起業したけど、実際どうなの?

こんにちはー、えーきです。

僕が浪人生だった頃から、
参考書をメルカリに売っぱらい、
起業を決意して1年が経とうとしています。

正直、起業して本当に良かったと思っています。

僕のブログやメルマガを読んでくれている方の中に、
浪人生の人も多いので、今回はこういう趣旨の記事を書いていきます。

 

結論として伝えたいことは、

浪人起業は最強である。ってこと。

 

浪人生の頃の忍耐は起業に超役立つ

僕は、何人かの浪人生が教え子にいますが、
だいたい、最終的には大きな成果を出してくる。

 

というか、受験生でも同じで、
受験勉強をしてきた人というのは、
それだけポテンシャルがあります。

 

浪人って、挫折の経験を必ずするんですよ。

 

不合格だった。とか、
受かったけど、自分が行きたいところではない。とか

 

だから浪人するわけです。

 

何が言いたいかというと、
挫折を一度味わった人間は強えぇ。ってこと。

 

別にこれは、受験に限りません。

 

例えば、
昔家がめっちゃ貧乏だった。とか、
誰かにバカにされた経験がある。とか、
周りの人に反対され後ろ指をさされた。とか、

 

そういう壁を乗り越えてきた人間は強い。

 

 

起業して成功している人のほとんどが確実に何かしらで挫折経験をしています。

 

なぜ、完璧人間みたいな人や現役でいっちゃうようなお医者さんが起業すると失敗する確率が高いかというと、挫折経験の確率が極端に低いからです。

 

浪人して学んだ勉強自体にはほとんど意味がないけど、浪人生という経験は必ずあとあと自分の糧になります。

 

浪人生は、大学に行く選択と起業する選択。二つ存在する。

浪人していると、大学に行く選択しかない。と思ってしまって、
うつ病っぽくなってしまう人が続出します。

 

僕も、鬱っぽくなった時期がありました。
なんか、受からなかったら人生終わるなー。みたいな。

 

実際は、そんなこと全くないだけど、
かなり視野が狭くなってしまうのです。

 

で、基本的に、承認欲求(認められたいという欲)を満たすために大学に行くのはお勧めしません。

 

少し前の時代だったら、
大学に行っているだけで価値がありましたが、
今はほとんどあるようでないようなものです。

どこの大学に行ってるか。とか興味なくなります。
それよりも、その人自身の魅力だったり、価値しか見なくなります。

 

社会人にもなって、学歴がどうこうって
気にしている人の大半が「学歴コンプレックス」ですね。

 

なんで学歴コンプレックスが発動するかというと、
そこには大きな承認欲求が隠れているからです。

 

この承認欲求がかなり厄介で、
自分を客観的に見つめることができなくなります。

 

僕も浪人生の時はまさに承認欲求の塊で、
良い大学に行けば認められる。とか、
良い大学に行けばちやほやされる。とか、

それしか、考えていなかった。
そこに行って、何をするか。
なんて、あんまし考えてませんでしたね。

 

大学って、教育費という形でボカされていますけど、
だいたい、400万円という自己投資をしているわけですね。

 

その400万円分を先払いしてしっかり回収する。という感覚が大事です。

 

この先払いの感覚がないと、
意識が低く、酒飲んで吐いて、
みたいな生活しかありません。

 

400万円あったら、一生使える知識を学んだ方がはるかに生産的だと思います。

 

僕は200万円近く情報に投資していますが、
その何倍ものお金を1年も経たずに回収しています。

 

どちらの方が生産的か?

まずは、俯瞰して自分を見つめてみることをおすすめします。

 

本当に大学に行きたいのなら、
全く止めませんし、僕は背中を押します。

 

浪人生から起業する。という選択肢もあるよ。

僕は、浪人生から起業をする。という選択肢が実際スタンダードになれば、
もっと、気楽に楽しく受験勉強に取り組めると思っています。

 

人間って、
選択肢が少ないと焦るんですよ。

 

自分は受験に落ちたら人間として終わりだ。

とか思っている状態だと、
なかなか精神的にもキツくなります。

 

もし、落ちたとしても、起業すればいっかー。という起業という選択肢があることによって視野が広がり心に余裕をもって人生が楽しめる人が増えることを願っています。

 

落ちても死にません。

「大学に行かないとダメだ。」
という謎の義務感は捨てて、
もし、起業したい。のであれば、
僕に連絡してきてください。

 

僕なりのアドバイスをさせていただきます。

 

浪人生から起業して本当に良かったと心から思う。

僕は、今まで上記で書いた通り、
承認欲求の塊で、
まさに「学歴コンプレックス」でした。

 

しかし、そこで起業という選択をしたことによって、
圧倒的に視野が増えたし、お金も時間も増えました。

 

「高学歴になってモテたい。」
「高学歴になれば稼げる。」
と思っている浪人生に言いたいですが、
学歴があるからモテるとかって幻想でしかありません。

 

 

モテたい。のであれば受験よりももっと簡単だし、
稼ぎたい。というのも受験よりももっと簡単です。

 

それでは。

 

↓ぜひ、続けて読んでみてください。

19歳の僕が起業して月収100万円稼いでみて思ったこと。学べば10代でも稼げる。

 

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!