親からの自立、精神的自立、経済的自立を果たすには?

こんにちは、えーきです。

 

明日は、

いま参加してるセミナーの最終回ということで、

住んでいる大阪から東京へ向かっています。

 

京都駅に向かっている最中、

先輩経営者Mさんとタクシーで話してる時に、

親からの自立について話していました。

 

僕は、現在21歳で、

世間から見たらもう大人です。

 

しかし、自分の中で、

「まだ子供のような感覚が残っているな。」

と違和感を感じていました。

 

・我慢ができない

・自分の思い通りにならないと感情が昂る

・お腹が空くと機嫌が悪くなる(笑)

 

んー、なんなんだァこれは!!

とずっと疑問に思っていたんですね。

 

で、本日、

京都駅へ向かうタクシーで、

先輩経営者Mさんから、

 

「親から自立してないと、

開運条件を満たしてないから循環が発動しない。

 

特に、えーきの場合は、

親と縁切るくらいの勢いで

やらないと人生始まらないよ。」

 

と言って頂いた時に、

 

「あ!僕って親から自立できてなかったじゃん!」

って、気付きました。

 

なぜかというと、僕はちゃっかり、

「毎月5万円の仕送りを送ってもらっていた。」

からです。

 

このことをMさんに話すと、

「あー、確かに、最近のえーき見てて、

少し循環してないな。って思ってた。」

と、しっかりバレていたみたいです(笑)

 

自分でお金を稼いでいるにも関わらず、

「もらえるものはもらっておこう」という、

稚拙な考えで、なあなあと続けてしまっていた。

 

あ〜〜、何してるんだろう自分。

 

自分の不甲斐なさ感じるのと同時に、

大切なことに気づかせてくれた、

Mさんにとてつもなく感謝しました。

 

すぐ、親に連絡して、

 

 

と、伝えました。

 

にしても、僕、ダサかったですね(笑)

でも、良かった!すごくスッキリしました。

 

正直、人生において、目を瞑って、

見て見ぬ振りしてる部分ってありますよね。

 

僕であれば、

見て見ぬ振りをしていたのが、

親との関係性です。

 

「まあいっか」で済ませてしまうのって、

その時は、楽なんですけど、後々痛い目に遭います。

 

親だからって、いくらでも甘えようとか、

 

逆に、

親だからって、いくらでも助けようとか、

 

どちらも自立できてないんですよね。

 

この間、

尊敬する経営者から聞いた言葉で、

 

最大の親孝行とは何か?

親に対して、旅行に連れて行ったり、

美味しいご飯に連れて行ったり、

家をプレゼントしたりするものだ。と思われているが、

実は、そうではない。

 

最大の親孝行とは、

自分(子供)が、

世の中の人ために一生懸命、貢献して、

周りの人たちを幸せにしていくことを言うんだよ。

確かに、

親は顕在意識、潜在意識では、

自分に恩を返して欲しいと思ってるけど、

 

無意識(魂)では、

子供が、

世の中に対して貢献してくれることを願っている。

 

かなり衝撃を受けた言葉でした。

 

僕は、

ずっと前者が親孝行だと思っていました。

 

でも、よくよく考えたら、

前者の方が物や体験が売れるから、

企業からしても都合がいいんですよね。

 

【世間で言われる親孝行の具体事例】

①年越しを一緒に過ごす …
②初任給でプレゼントを渡す …
③親とお酒を一緒に飲む …
④正月やお盆、GWなど長期で休みをとれる時に顔を出す …
⑤月に1回でも電話をして話す …
⑥一緒に旅行に行く …
⑦結婚をする …
⑧孫の顔を見せる

引用:https://www.asoview.com/note/2540/

 

正直、全て、

世間のエゴだな。って僕は思います。

 

子供の宿命は、

親を超えること

です。

 

DNA的に見ても、

自分より子供の方が弱かったら、

遺伝子は耐えていく一方です。

 

僕のように、

親に依存してる状態じゃ、

絶対にいけないってことですね(笑)

 

最近は、

同じ志を持ち影響力が物凄い仲間たちから、

直接、アドバイスをいただき、

あなたの人生を加速させる発信をしています。

 

僕がフルボッコにされて人生が進んだ記事を、

下記に載せていますので、是非ご覧ください!

 

↓おすすめ記事

21歳の誕生日に執筆屋あんちゃさんからコテンパンにしていただきました!

楽したい癖を止める方法。ニート思考からの脱却。

 

それでは、

ありがとうございましたー!

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!