堺雅人さんが超ミニマリストだったので実行してみた。

こんにちは、えーきです。

最近、「ミニマリスト」という言葉が
ちょくちょく耳に入っていたのですが、

どうやら、ミニマリストというのは、
”最小限のモノで暮らす人々のこと”を指すと。

正直、不便そうだな。って最初は思いました笑

しかし!

僕が一番好きな俳優さんである、
堺雅人さんがミニマリストだったんですね。

輪ゴムは溜めないとか。
ペンは1本しか持たないとか。

まあ、
ミニマリストからすると当然なんでしょうけど、

僕は昔からモノを溜め込むタイプだったので
かなり衝撃的だったのを覚えています。

堺さん以外にも、
スティーブ・ジョブズや、
マークザッカーバーグなど。

ミニマリストで、
数多くの成功している人は多いのです。

ということで、
断捨離して、
ミニマリストを経験してみて、

思ったことを今回は書き連ねていきます。

ミニマリズムのメリット

ミニマリズムのメリットしては、
ノイズを遮断して一つのことを集中する。というもの。

これにより、

「時間の自由」が生まれます。

資産の重要性はご存知でしょうか?

資産の優先順位は、
時間→人の信頼→スキル→意思→労力→お金

この順番なんですね

「時間」が最大の資産。

上のもののために 下の資産を投資する。

そうすると、
なんと全ての悩みから解放されます。

お金を使って、外注化して労力を減らす。
お金を使って、環境を変えてモチベを増やす
お金を使って、知識と経験に投資してスキルを増やす。
お金を使って、人の信頼を獲得する。
お金を使って、システムを自動化して時間を増やす。

これらは全て、
最終的に「時間」という有限資産のためにある。

ということですね。

時間を無駄にするってことは、
人生を無駄にしているのと同じ。

でも、生きていれば、
時間を無駄にすることって沢山あります。

その中でも、特に、
「ものを探す時間」って
半端なく無駄じゃないですか?

パスワードが無くて
探すのに15分かかった。とか。

めちゃくちゃ労力がかかる上に、
モチベーション(意思)が下がりますね。

時間が生まれれば、
結果的にお金を生み出すことができます。

時は金なりって言いますよね。

あなたが労働でお金を稼ぐ以上、
時間が増えることはお金を増やすことに直結するんです。

完全に経営側に回ると、
Time is moneyではなく、
Time is not money.になるんですけど笑

まあそれはいいとして、

要は、ミニマリズムだと、

可処分時間が増えて、
他の資産も軒並み増えていくよ。

ということです。

断捨離のテクニック

ミニマリストの本を買ったのですが、

ものを捨てるというのは
勇気のいるテクニックということです。

最初からものを捨てるというのは、
なかなかできないものです。

これは思い出あるしな〜。
これは後で使うかもな。
これはプレゼントで貰ったものだし。

とかね。

特に、
思い入れのあるモノ
はなかなか売ることができません。

断捨離に感情は捨ててください。

いらんものはいらんのですよ笑

じゃあ、どんなモノなら、
感情関係なく捨てるor売るべきかを話していきますね。

捨てるモノの基準

1,自分がいらないと思うもの
2,1ヶ月以上使っていないもの
3,定価で売られてたら買わないもの

まず、参考書なんですけど、
いらないので、
部屋の奥に置いておきました。

要らないものは全部捨てて、
要るものもしくは使えるものは、
全部メルカリで出品することにしました。

人間は管理できる物数が決まっています。

堺雅人さんは、
棚にベンディングスペースを用意し、
書類が溜まってきたら一気に捨てるそうです。

これいいですよね!

早速採用して、
書類のベンディングスペースを設けました。

モノには少なからずエネルギーが宿っていて、
それは適切な場所のときに使ってあげないと、

逆に「奪う側」となって自分を妨げます。

モノが多い部屋で生活して要ると、
気づかぬうちに自分に疲労が溜まっていっているのです。

だから、
できる限りシンプルに生きることで、
適切な時にモノの効果を最大限に活かすことができます。

それが最大の節約になり、
仕事のパフォーマンスを最大限引き出します。

モノを捨てまくってみて。

とにかく

・教科書、参考書

・謎のコード類

・昔のキーボードやマウス

・使わないゲーム類

・思い出のノート達

・多すぎる文房具

・溜まりまくった書類

などの不用品は全部捨てました。

で、売れそうなものは、
全てメルカリなどのフリマアプリに流す。

そこには一切の感情はありません。

とにかく一回捨てると、
部屋にいて疲れなくなりましたね。

人間は、
選択するたびに、
「やる気ゲージ」が減っていき、
(ゲームでいうとMPみたいな。)

最終的に行動したくなくなります。

だから、
物が多い。

つまり、選択肢が多いと、
人間は疲れてやる気が奪われていきます。

今、スッキリした部屋にて記事を書いていますが、

もう文章が捗って仕方がない笑

モノのエネルギーが、
パソコンに向いているので、

一点集中しているって感じですね。

モノ不足からモノ過多。

昔はとにかくモノがありませんでした。

だから、
昔の人はとにかく
使えるものは溜め込んでいたんですね。

知り合いで遺産整理をしている人がいるんですけど、
めちゃくちゃ物が多くて大変だ。と言っていました。

これ使わんだろ。ってモノがギッシリ。

で、不用品をメルカリやヤフオクで売りまくったら、
40万円ほどになった。って言ってましたね笑

こうやって、

再利用というか、

本当は捨てるはずだったゴミを

簡単にお金や価値に変えることができるのが、
ITやテクノロジーの素晴らしいところですね。

もう我々にモノはいらない

現在は、
モノの時代から情報の時代へシフトしています。

スマホさえ持っておけば、外出できるし、
パソコン1つさえあれば莫大な財を築くことも可能。

モノよりも情報なんですよ。

本1冊には100倍の価値があると言われています。

もし1500円の適切な本を1冊買えば、
それをしっかり自分の思考に落とし込めば、

150,000円を得ることになると。

なぜかというと、

情報というのは、
死ぬまで一生使えるからです。

全て脳みそや思考として、
それらは血肉となる。

脳みその引き出しは、
鍛えれば鍛えるほど、

無限大に詰め込めます。

これは、
才能とか関係ありません。

単なる、適切な努力です。

モノをとっとと捨てて、
情報を脳みそに取り入れましょう。

情報に関しても、

質の高いものだけ洗濯して、
シャワーのように浴びましょう。

すぐに錆びれる情報が、
質の低い情報です。

質が低いのは、
テレビ系ですね。

芸能ゴシップ系とか

いらんのですよ。そんな情報。

誰が離婚したとか。
誰が問題起こしたとか。

愚痴話に花が咲くだけです。

質が高いのは、
自分の成長に繋がるものです。

人間に完璧や完成はありません。

たとえ100歳になったとして、
脳みそだけは成長していくことができます。

身体というモノが錆びれても、
脳みそという情報から発信ができる。

まあ、
脳みそ鍛えて、
資産を残しておけば、

老後も希望しかありませんね笑

健康な精神に健康な肉体が宿っていきます。

もちろん逆も然りなのですが、
予防医学とかの知識があれば
健康な肉体も保つことができます。

僕は100歳になったとしても、
情報投資をし続けると思います。

新しいこと知るのって、最高に楽しいので。

まとめ

断捨離して、
部屋も脳内もスッキリしましょう。

不用品をメルカリで売れば、
5万円くらい手に入ります。

成功体験としてもいいですね!

そのお金で、
自分を成長させる経験や知識に
投資していけば、

相乗効果で良い方向に向かっていきます。

適度なミニマリストはなかなか良いです。

ぜひ、少しずつでも物を捨てていきましょう。

で、

1物を捨てる
2置く場所を決める。

ここまでが断捨離の流れです。

ということで、では!

P.S.
堺雅人さんのドラマは見ていると、
だんだんやる気が出てきます。

有名どころですが、
やはり「半沢直樹」は何度見ても良い作品です。

1話、1話、話がマジで濃いぃですよね笑

ストーリーの勉強にもなります。

 

追伸

物を減らす、選択肢を減らして、

最重要なことを続けることこそが、

成功の近道だと感じます!

『選択と集中』ですね。

僕も成功するために、いろんな選択肢を捨てまくりました。

19歳の僕が起業して月収100万円稼いでみて思ったこと。学べば10代でも稼げる。

 

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!