マズローの心理学。人間の欲求には6つのステージが存在している。

こんにちは、えーきです。

 

心理学について話していきます。

 

今回は、『マズローの欲求』についてです。人間心理学の祖といわれるアブラハム・マズローが唱えた「人間の欲求」は5段階ある。といわれています。

 

マズローの欲求は下記のような段階に分かれます
第1段階「生理的欲求」
第2段階「安全欲求」
第3段階「社会的欲求」
第4段階「承認欲求」
第5段階「自己実現欲求」です。

 

文字で行っても伝わりにくいので、画像を引用させていただきます。

「マズロー」の画像検索結果

(引用元:https://life-of.net/

 

このピラミッドは心理学をかじったことある人であれば、一度は見たことがあるかと思います。

 

それでは、個別具体的に話していくのですが、

生理的欲求(外的欲求)

生理的欲求は、
生きていくため本能的に求める欲求です。

簡単にいうと「動物的な欲求」です。
「飯食いてー」とか「水飲みてー」とか「寝てー」
という人間に限らず生き物全てにある欲求です。

衣食住が満たされていないと、
人は本当のパフォーマンスを発揮できません。

人間的な脳(理性や感情)より前に、
動物的な脳が影響してくるので、

お腹空いているとイライラしてくるのは、
生命の危機を感じさせるためと言われています。

食事や睡眠のパフォーマンスは、
日常生活で、かなり気を付けたほうがいいです。

食事でおすすめは「手作り」です。

僕はジャンクフードが好きな時期もあったのですが、
ジャンクフードは添加物が結構どっさり入っています。

一切食べない。というのは、
現実的に、無理なのですが、

できるだけ、「手作り」の料理を食べるようにしています。

睡眠はマットレスと枕にこだわったほうがいいです。
特に、無印良品のマットレスはコスパが良いのでおすすめです。

安全欲求(外的欲求)

安全欲求というのは「安全に生活したい」という欲求です。

治安が悪い場所に住んでいると、
安全欲求が満たされないために、
生活のパフォーマンスが悪くなると言います。

僕は、茨城県から上京して、
東京23区内の家賃4万円の
激安シェアハウスに住んでいました。

バスルームとトイレは「共用」

扉も下がスカスカで、
隣の部屋の声は異常なほど聞こえます。

下駄箱や玄関もめちゃくちゃ汚くて、
常に、恐怖心に襲われる日々でした。
(Gもよく、出てきました。笑)

日本は、基本的に、
安全欲求までは満たされていることが、
多い方です。

次の社会的欲求からが、
マズローの心理学をビジネスに活かすための、
大きなヒントとなっていきます。

社会的欲求

社会的欲求というのは、
「コミュニティに属したい。つながりが欲しい。」と思う欲求です。
この欲求が満たされたいないと人は孤独感に襲われることになります。

ビシネスで大成功したいのであれば、
「コミュニティ」に所属するのが一番速いです。

僕は、220万円を投資して、
『NEXT DIMENSION INFINITY』
という、コミュニティに所属しました。

仲間とのつながりが

アフターコロナでは、
コミュニティがかなり重要になってきます。

三密(ソーシャルディスタンス)によって、
どんな場所でも精神的に繋がれる仲間がいるかいないか。
で、精神の安定具合は全然変わってきます。

僕は「人生のアーキテクト」という、
コミュニティを主催しているのですが、

みんなで協力しながら日本を良くしていこう!
という想いで毎週zoomで集まってセミナーをやっています。

 

 

質の高い人が集まる場に参加し、
質の高い人が集まる場を作る。

そうすることで、自然と、
「知恵・出会い・才能・お金・幸福」
が満たされるようになります。

僕はビジネスをやっている理由は、
稼ぐだけや認められるためではありません。

そのためだったらビジネスをとっくに辞めています。

一緒に高めあえる成長しあえる支え合える、
仲間がいることで、人生は充実していくと思います。

承認欲求(内的欲求)

承認欲求という欲求はかなり強いと言われます。

「認めてほしい。褒めてほしい。」
という欲求ですね。

この承認欲求に取り憑かれて、
せっかく周りいてくれた仲間が離れていく人を、
僕は起業してから何人も見てきました。

承認欲求が強すぎると、
「スター・ウォーズ」のダースベイダーや、
「NARUTO」のサスケなど、

「闇落ち(ダークサイドに落ちる)」します。

こうすると、どんどん孤独になっていき、
いつの間にか「薄い関係」しか集まらなくなります。

大事なのは、
「取りすぎない」ということ。

自分の手柄を取りすぎない。

「おかげさまで」と周りに感謝を伝える。

承認欲求に取り憑かれないことが、
人間関係を上手くいかせる方法だと思います。

自己実現(内的欲求)

自分の本当にやりたいことをやりたい。
という欲求ですね。

「自己実現」が人にとっての、
最後の欲求と言っている人もいるみたいです。

しかし、僕は全くそうではないと思っています。

”自己”実現なので、
自分のために実現することなんです。

人間は、魂レベルで、
「誰かに貢献したい。貢献するために成長したい」
と思っているのです。

つまり「誰か」という、
他者視点が必ず入っているのです。

自己実現段階の人は、
「私は写真を取るのが好きだから写真家になった」
といった風に、自分視点です。

じゃあ、その上の「自己超越」だとどうなのか?

「誰かが私の写真で喜んでくれるから写真家になった」
といった、あくまでも、「他者視点」なのです。

自己超越

自己超越を、簡単にいうと、「100%他者(社会)のため」です。

見返りすらも求めない無償の愛、それが「自己超越」です。

僕が関わらさせていただいている、
コミュニティでは、皆さんが無性の愛です。

自分を高めて、自己実現して、
100%他者のために。という風に階段を登っていく。

最初から「愛」を持って生活できるといいですね。
今は思えなくてもいいです。

意識するだけで段々と当たり前に思えるようになります。

その時に、あなたの影響度が一気に上がり、
ビジネスでも圧倒的な成果が出て周りに素敵な仲間たちが集まってきます。

僕は何日も油揚げ生活をしたことがあるのでわかりますが、
生理的欲求すら満たされていない家庭もまだまだあるわけですね。

まずは、お金を稼ぐことから始めるのはおすすめですね。
僕は超貧乏だったのですが、19歳で浪人生の時に一念発起して、
「起業の道」へと進みました。

結果、5ヶ月で月収100万円という結果を出すことができました。

 
人生に革命は起こすことができます。
まずはお金を稼いでそこから一気に自己超越まで駆け上りましょう。

 

それでは、
ありがとうございました。

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!