満員電車は日本になくなると思う。そしたら「幸福度」が上がる。

こんにちは、えーきです。

上京してから、電車に乗る機会が増えました。

田舎に比べて、
混むわ混むわ。

昔は、満員電車の描写があるドラマやCMを見たときは、

「東京はこんなんになってんか??」

ってカルチャーショックを受けましたが、

いやーすごい。

逆に楽しくて、
あえて満員電車に乗っている時期もありました笑笑

 

でもね、

最近、満員電車に遭遇しまくっているので、

流石に新鮮さがなくなって、飽きてくる。

 

もう、お腹いっぱいです。

 

で、いかように、

快適に電車に乗れないかと。必死に考えたわけです。

 

サラリーマンとは、
本当に忍耐強い生き物です。

時に東京のサラリーマンは。

 

しかも、当初の僕のように、

「満員電車、楽しいいいいい!!」

 

という感じで、
10年、20年と乗っているならわかりますが、

 

みんな眉間にシワを寄せて乗っているんです。

 

不思議でしょうがありませんね。

 

満員電車が嫌なら、
職場近くに住んで、
歩きやチャリやタクシーで行けば、

かなりストレスは削減されるはず。

 

自ら、血の海に飛び込んでいるようなものですよ。

 

欧米人や欧州人からしたら、
不思議で仕方ない現象らしいです。

 

そりゃストレス大国って言われますわ。

 

でも、

引っ越しは流石に難しいという方に、

今回は、

電車でのブルーオーシャンをお伝えしましょう。

 

実は、

日本人は同調圧力に弱すぎます。

 

伝統や風習、

そして、人と同じことをすることに安心感を覚えるような教育を
22年間という時間をかけて、繰り返し刷り込みされます。

 

人と違うこと、
常識から外れることをするのは怖いのです。

怖くて仕方ないのですよ。

 

だから、安定 a.k.a 安く定まる

という現状に留まり続けます。

 

もっと可能性はあるに決まっているのに。

調べようとしないし、試そうとしない。

 

どんなに混んでいる時間帯であっても、

電車の先頭は、

中心に乗って、
押して押されてを繰り返す空間よりも

圧倒的に、空いています。

こんなのは、
小学生でも見つかるブルーオーシャンです。

 

でも、

好きこのむように真ん中に乗る。

 

「まず、やってみない。」

 

インターネットの業界もまさにそう。

難しそう。プログラミングわからない。

 

気持ちは十分わかります。

僕だって最初は何もわかんなかったよ。

 

マーケティングってなんだよ、
セールスってなんだよ、
PDCAってなんだよ、

ぶっちゃけ最初は、
「これってなんやねん」の連続。

 

でもやってみると、
意外と簡単に突破口が見つかります。

世の中には先駆者やその道のプロが必ずいます。

僕がビジネスを選ぶときは必ず、
”誰かが成功しているビジネス”を選びます。

誰も成功していないビジネスは、
ビジネスモデルが間違っている可能性が高いので、
流石に選びませんが、

1人でもその分野で成功しているならば、

僕は100%成功する自信があります。

 

仕組みや構造を知り、

ここをシステム化して、
自動的な集客はこうやって、
キャッシュポイントはここで産んで。

全て仕組みがわかるので、
負けるはずがないんですね。

しかも、
インターネットの世界は、

知識勝負。

知っているか知っていないか

どこまで知っているか、
どこまで知らないか。

ただこれで勝負が呆気なく決まる。

だから、
毎日本は読むし、
毎日情報に触れるし、
毎日実践を怠らない。

最近は、
リアルで人に会いまくってる。

自分の能力を求めてくる人、
ないしは潜在的に求めている人が、

日本に1000万人はいるだろう。

市場を見れば簡単にわかることなんです。

求められるからには、
それに応えるために、
頭を鍛えまくらねば。という思想になる。

これからの時代、「満員電車」がなくなって、
旅行する人、デートする人、遊びに行く人、
で溢れるような明るい社会にしていきたいですね。

正直、オンライン会議アプリ「zoom」とかでほとんどの業務が事足りるわけです。
リモートワークでやっていけばいいと思うんですね。

そういう社会を作っていきます。

それでは。

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!