周りに引き上げてもらえる人は「自意識」を発動させない。

こんにちは、えーきです。
大阪枚方市楠葉への引っ越しが終わって、

 

現在、
「メビウス」というビルで、
この記事を書いています。

先日は、
「NextDimensionInfinity」の、
伝授コースのセミナーがありました。

初日にして、
伝説級のセミナーになって、
とてつもない学びを得られました。

 

と、同時に、

自分の見て見ぬ振りをしていた、
嫌な部分と向き合うことができました。

人生における壁(課題)って、

底が尽きないからこそ面白いと思います。

僕の起業当初の壁というのは、
「いかに、稼げるか?」でした。

で、だんだん、
「いかに、最高の仲間を作るか?」です。

そのためには、
まず自分自身を進化させる必要があるし、
美しい生き方を確立させていく必要があります。

 

周りの方々からは、
かなり進んでいるという印象を持たれますが、

僕自身まだまだだと思っていますし、
これからさらに進化していこうと思っています。

初対面で周りからも、
「この人はオーラが違う..」
と言われることも多々あります。

しかし、
感覚が進んでいる人と話すと、
自分なんて、まだまだだな。

と思うことが沢山あります。

 

でも、だから楽しいし、
もっと自分を進化させて、
周りもどんどん進化してもらおう。

と思っています。

天狗になるのは100年先でもいいかなって。

天狗でい続けるのは、
自分のプライドは保てるけど、
成長や進化することはありません。

 

僕は、どんな時でも、
『ハングリー精神』は忘れないでいたいと思います。

 

成長や進化って、

コンフォートゾーンの外に出て、
挑戦していかないと起こらないんですよね。

 

僕は一時期、
自動的にお金を稼げるようになって、
家で引きこもっていた時期がありました。

 

その時は、
UberEatsを食べるか、
YouTubeをだらだら見るか。

しか、やってなかったと思います。

僕はそれで鬱になりました。

その時、
鏡で自分の顔を見たら、
顔が青白くなって驚きました。

外に出ないと人は人でなくなるし、
挑戦しないと人は人でなくなります。

 

外に出たくない。晒け出したくない。
って時は、大体、自意識を発動させています。

自意識を発動させてる時って、
カッコつけて自我を守りたい時なんですね。

 

つまり、自分のことしか考えてない状態。

僕はずっとノリが悪い(乗れない)人でした。

これは、幼少期からそうで、
いじられるのが死ぬほど嫌いだったのです。

プライドがあったり、
カッコつけたかったんでしょう。

何か、冗談を言われても、
ウマく返すことができない。

それで悩み続けてきました。

 

レベルが勝手に引き上げられる人は、

「我」を無くして、
「全托」できる人。

投げられたボールは、
全部乗るくらいがちょうどいい。

と考えている方が遥かに人生が良くなります。

「自分の枠を超える」時って、
大体、自分の想像の範囲を超えてくるので、

 

一見、理不尽に見えたり、

「絶対にできないだろ..。」と、
諦めたくなったりもします。

でも、そういう時ほど、
周りに協力してもらいながらでも、
どうにか成し遂げるというのが大事だと思います。

 

僕は、多くの成功者を見てきて、
素直ではない人はほとんどいませんでした。

特に、幸せな成功者ほど、素直で、

たとえ、目下の人であっても、
何かしら学び得るということをやっています。

物凄く成功している人でも、素直なんだったら、

「いまの自分がプライド発動させてどうする?」

って思います。

 

結論、

『ノれるか?』

だと思います。

 

「これやったらいいじゃないの?」

に、どんどん乗っていく。

 

そしたら、勝手に運が良くなってきて、
周りにも気をかけてもらえるようになります。

 

僕が楠葉に引っ越したのも、
ノリです。

ノリだけど、マジです。

これからさらに進化していく様子も、
このブログで見ていただけたらと思います。

 

それでは。

 

P.S.

先日、とんでもなく美味しいラーメンを頂きました。

ちなみに、5,000円の高級ラーメンです。

普通のラーメンって食べている時美味しいけど、
食べ終わった後、「あー、もういい」ってなるじゃないですか。

しかし、そこのラーメンは、
食べ終わった後も美味しい余韻を楽しめて、

次の日に残らないのがすごいなと思いました。

それでは、
ありがとうございました。

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!