こっそり劣等感やコンプレックスを克服する方法

 

こんにちは、

劣等感のカタマリだった、えーきです。

 

この前、NDinfinityの実践伝授セミナーに参加して、
色んな気づきがあったので連日投稿しようと思います!

 

僕は、日本中の誰よりも

劣等感とコンプレックスを拗らせた男でした。

 

しかし、

あることをしてから、

劣等感が一気に吹っ飛んだのです。

 

なので、本日は、

「劣等感を克服する方法」

について、お話ししたいと思います。

 

劣等感が生まれる理由はただ1つ。

 

まず、劣等感を感じる人というのは、

自分と他人を見比べてしまう傾向があります。

 

「他人を比べること」で、

人生を崩壊へと導いてしまうのです。

 

本来生きてく上で、

劣等感なんて持つ必要がないし、

他人と比べる必要なんて全くないですけどね。

 

しかし、競争社会である資本主義においては、

周りよりも自分が優れてなければ生き残れない。

という刷り込み教育がされてしまいます。

 

だから、

意識では、嫌なんだけど、

裏側の潜在意識では、他人と比べたくなってしまう。

 

僕も、そうでした。

 

比べることなんて考えたくもないのに、

 

「自分よりアイツの方が目立ってる」

「アイツは自分より優れててうざい」など。

 

心の中の子供(インナーチャイルド)が、

過去の自分の劣等感を引き摺り出してきて、

無意識に考えてしまうのです。

 

でも、1つ注意で、

「劣等感が全てダメ。」

というわけではありません。

 

僕は劣等感を燃料に、

成功の兆しを作りました。

 

小さい頃に、

学校や家庭で、

周りと比較をされ続けて、

 

自分の色を無視して、

「自分は力をつけないといけなんだ!」

と、思うようになりました。

 

でも、そのおかげで、

若くしてビジネスで成功ができた。

という、部分もあります。

 

だから、

一概に、劣等感がダメ。

というわけではないのですが、

 

劣等感を上手く使いこなせるか?

が重要なのです。

劣等感は燃料であり、

ガソリンであり、エネルギーです。


僕は劣等感のエネルギーを、

理念に使っていくという

方向性にシフトチェンジしました。

 

僕の理念は、

「Silver Lining 人生に希望の兆しを」

 

ダメダメな僕が進化して、

世の中の人たちの希望の兆しになる。

という理念のもと生きています。

 

だから、別に今がダメダメでも、

将来、希望の兆しになれていればそれで良い。

 

なんなら、ただ挑戦してるだけでも、

人によっては希望の兆しになるはず。と思っています。

 

だから、

遠慮をしている暇はないし、

怖いと思っても、迷惑と思っても、

勇気を持って発言してみる。

 

だって、それが希望になるんだもん。

 

理念を全力で全うして、

もし、人に嫌われるならそれは仕方がない。

 

そう考えるようになったら、

いちいち劣等感ごときで、

エネルギーを奪われることは無くなりました。

劣等感を克服するなら、未来の自分に「fake it」しよう

先日、ND伝授コースの

セミナー後の直会(懇親会)にて、

新田さんがある話をしてくれました。

 

それは、

「理想の未来の自分を作るといいよ」

ということです。

 

多くの人は、

本当の自分とは乖離した、

虚像(アバター)を作り上げようとします。

 

「私って、こんな人間」

「俺って、こんな人間」

 

その虚像を作り上げているのは、

両親、周りの人、集合的無意識によるものです。

 

これを”観測者効果”といって、

周りから思われているイメージ通りの、

振る舞いしかできなくなっていきます。

 

例えば、僕は小学2年生の頃に、

担任の先生から「えーきくんは静かな子だね」

と、クラス替え初日に言われてしまいました。

 

それをきっかけに、

家では、全然静かじゃないのに、

学校では、1年間静かなキャラを演じることになります。

 

わざと演じてるのではなくて、

演じさせられてしまっている?と言いましょうか。

 

その現実と虚像との乖離が、

すんごくキツかったの覚えています。笑

 

虚像といえば、

アイドルもそうですね。

 

芸能界って、

どうにか人気になる虚像を作り上げて、

乖離した役を演じ続けなければなりません。

 

この乖離に苦しみ、

多くの芸能人・アイドルが病むのです。

 

僕は、

乃木坂・欅坂オタクだったのですが、

推していたアイドルに実は彼氏がいた、

というニュースが流れてきて憤慨したことがあります

 

あまりにも動揺してしまい、

その時飲んでいたコーヒー牛乳を

全部、服と床にぶちこぼした記憶があります。

 

今考えるとアホらしいですが、

 

当時は、

怒りでどうにかなってしまいそうでした(笑)

 

でも、これは、

アイドルに彼氏がいたことが問題ではなく、

 

今まで自分が信じてきた幻想が崩れたから、

嫉妬や怒りといった感情に変換されているのです。

 

だから、幻想の自分ではなくて、

未来の自分を作っていきましょう。

と、新田さんもおっしゃっていました。

 

未来の自分であれば、

今の自分の延長線上なので、

乖離が起きなくなります。

 

理想の未来の自分を fake it(なりきる)ことは、

とても良いですね。

 

僕だったら、

・希望の兆しになれている自分

・灰色の世界から彩りの世界を作っている自分

ですね。

 

もっと具体的に、

・魅力的な仲間に囲まれている自分

・セミナーで流暢に話せている自分 

でも、良いでしょう。

 

ということで、

ありがとうございました。

※追伸(幻のディナーを食べてきた!)

直会は、御食事処ゆにわにて、

幻のディナー(22,000円)をいただいてきました!!

今回は、新田さんの隣でした。

伝授メンバーの皆さんと充実した時間を過ごせました。

こちらは、

綾部ゆにわで取れた新米を使った。

光の塩おむすび です。

僕も2週間前に稲刈りに行った時の

本当に貴重なお米です!

 

人生観が変わるくらい感動した美味しいおむすびでした..。

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!