完璧主義だとチャンスを逃す。ビックリするほど。

こんにちは、えーきです。

これまで色んな人に教えてきましたが、

成功する人と成功しない人には明確な違いがあって、

 

いかに

「不完全主義」

であることが成功する秘訣なんですね。

完璧主義者だと負ける

これ、以外にビックリすると思いますが、

完璧主義だと圧倒的に成功しずらいんですね。

なんか、言葉的に、

「完璧」の方が良さげなんですけど、

完璧って
めったらめったに
生めるものじゃないんです。

 

特に、最初の段階では。

 

僕もビジネスをするときに、
ひたすら思考して戦略立てますが、

100パーセント
立てた戦略のまま自分が行動できる
とは全く思ってないです。

作業したくても、

先約があったり、
何かしら行事があったりして

なかなか進まなかったり。

これって当たり前なんですよね。

それだけに没頭できるのは、
実社会ではなかなか難しいものです。

だから、
そもそも完璧なんて無いと。

そう考えた方が合理的だったりします。

そこで、
成功しない人がやっちゃうことが、

目標通りにコトが進まず、
自分を自己否定してしまうこと。

この状態になると、
もっと作業が進まなくなります。

僕も昔
この状態で勉強が全然進まなかったことがあります。

「明日はやるぞ!」

と息込んで、
朝になると眠くてやる気が起きず、

テレビをだらだらと見て一日終わっちゃう。

みたいな。

この時の自己否定半端ないですよ。

「やろうと思ったのになんも出来んかったなぁ」
「次やっても、出来ないかもしれない」

こうして人は
だんだん行動をしなくなります笑

60パーセントでいいから、
ささっと行動した方が
本当に成功しやすいです。

不完全主義の方が、
ビジネスにおいて優秀なんですよね、

成功している人で、
すごく”慎重に動いている人”は
あんまり見たことないですね。

みんな、
フットワーク軽く、
パッパと、とりあえずやってます。

いつでも完璧は目指せる。

で、
100パーセントに近づけることって、
いつでもできるんですね。

特に、インターネット、
ブログとかメルマガとかは。

 

スポーツとは違って、
一発勝負じゃないんですよ。

 

やらない理由探しているのは、
かなりしょっぱいなーと思いますね。

修正可能なんで。

 

その過程で、
思考が鍛えられていくのです。

僕も失敗しまくりました。

 

というか、
成功者は失敗しまくって、
現在の位置にいます。

失敗=ダメという風潮

日本では、
挑戦する人をバカにする傾向があります。

「おれ〇〇やるんだー!」

と言った時に、

「それ危なくないの?」とか
「どうせ失敗するよ」とか

俗にゆう
「ドリームキラー」がうじゃうじゃいます。

 

僕が受験生の頃、

「早稲田受けます!」って

先生に言った時、
「お前正気か?無理だろ?」って言われましたね笑

 

こんなこと言いたくないですが、
これ指導者としてありえんですね。

 

今、人に教えている立場なので、
なおさら思います。

 

こうやって、
何か目標を話した時に、
「できないね」とか言っちゃうのって
日本の教育くらいなんですよね。

挑戦しないやつに限って、
他人の失敗を笑い、
自分のほうが偉いと言いたがります。

挑戦する人が辛い思いをするのは、
これからの社会で無くしていきたいです。

僕は、挑戦する人を
素直に応援したいですし、行動してるだけでも素晴らしいと思います。

で、その過程で
壁にぶつかることがあると思うんですけど、

その時に情報を知って解決する。

ここまでワンセットでやって行って欲しいです。

この流れができない人が多いと
最近、つくづく感じますね。

まず、動くの段階で、
ほっとんどの人間が脱落します。

だから、
まず行動してるだけで、
希少価値があると思ってください。

失敗しても、
それをデータとして捉える。

これ何回も言ってるのですが、

この考え方は超大事ですね。

まとめ

完璧主義だと、
ホントにチャンスを逃します。

何かオファーを受けた時、
快くOKした方が、
有意義な時間を過ごすことが
できるかもしれません。

行かなきゃ良かったなーってこと
あまりなく無いですか?

行けば良かったなーの方が
圧倒的に多いのですよ。

勇気を持って踏み出すことで、
何か変わることができます。

つまり、
誰よりも多く成功した人は、
誰よりも多く挑戦してきた人でしかない。
 
挑戦したもん勝ちだなって思いますね。

以上です。

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!