えーきの上京物語。当時は、所持金がほぼ「0円」だった。

こんにちは、えーきです。

僕は、2019年3月から上京したのですが、
田舎者からすると非常に衝撃的な体験だったので、

今回は、当時の話まとめていきます!

これからの時代は、東京か?田舎か?って、
あんまり関係なくなっていくと思います。

はっきり言って、
リモートワークで十分なわけですよ。

地方や田舎で農業しながら
ネットビジネスする人も現れると思います。

それはいいとして、
当時上京した時、こんな人たちと話しました。

・年収1億円の実業家
・某有名ラーメン屋の大学生オーナー
・ブライダルで頭良く稼ぎまくってる社長
・乃木坂にコネクションがあるIT社長
・10個以上会社を売却してアリーリタイアしてる人
・これから一緒に事業する物販・考え方最強の社長
などなど。

メディアの裏側だったり、芸能界の裏側だったり、ヒルズ族の裏側だったり。

当時19歳だった僕には刺激が強すぎるお話まで聞くことができました。

僕が情報発信やビジネスの活動をせずに、
普通に生活していたら絶対に聞けないであろう
話がそこらへんにゴロゴロと落ちていました。

なぜ、その話が聞けたかと言うと、
僕がメディアを持っていたからです。

ブログとかメルマガまだ作ってない人がいたら、
速攻で作ってください。笑

メディア持ってないのって超もったいないです。

「まだブログ、メルマガの段階ではない」
って言ってる場合じゃないですよ。

もし、芸能人がテレビやラジオといった、
メディアに出てなかったらどうでしょう?

人気なんか出るわけがないんですよ。

メディアに出演し、喋ったりで、
情報を発信するわけですね。

それによって、心打たれたり、
価値観が変わったりで、視聴者がファンになります。

ちなみに、匿名でも大丈夫です。
僕も匿名ですし、本名かどうか?よりも、

その情報は信憑性があるのか?その前に面白いのか?
の方が大事になるので、名前はどうだっていいわけです。
(自分が呼ばれて嬉しい名前をつけるといいですよ!)

僕はその上で、
いろんなクリエイティブな話を皆さんとしたいと思っているので、
メディアを作ったら、報告メールいただければ、見に行きます笑

さて、今日は
「コンフォートゾーン」のお話をします。

コンフォートゾーンってのは、
居心地の良い環境、慣れている環境。
と言い換えるとわかりやすいと思います。

いつも行っているお店や、
いつも行っている美容室って、
なんのエネルギーを使わずとも入れますよね。

それは、コンフォートゾーン内だからです。

逆に、入ったことのないバーや、
行ったことのない土地ってどうしても行くのに勇気が入りますよね。

先ほど話した、
「ブログ作ってみましょう!」というのも、

ブログを作ったことある人ならば超楽勝なのです。

やってみたら簡単だった。という経験は、
あなたにもあると思います。僕もあります。

人生って、
やってみたら意外と簡単なことばかりなのです。

けれど、偏見(バイアス)によって、
「難しいのでは?」と思い行動に移せないのです。

それって、すごくもったいないなぁと。

成功したいなら、成功者にどんどん、
オファーしてみるのもアリですよ。

僕は、ご飯予約して会って頂いてました。

これも、最初はね、
完璧じゃなくていいんですよ。

まず、オファーしてみることに価値があるのです。

僕もよく分からない状態で、
所持金はほぼ0の中、
リュック1つで田舎から東京に出てきて、

返信返ってきたところの内覧行って
上京するぞって決めた2日後には
なぜか、東京に住んでました。

やってみることに価値があります。

その時に、親や家族には、
相談せずに突発的に行きました。

コンフォートゾーンを外れる時、
絶対止めてくるのが「両親や家族」です。

これは、成功している経営者が
みな、口を揃えて、このことを言います。

家族としても、
「そこ危ないから行かないで!」
という作用が働くのです。

でも、それに従うのって、
少し違うんじゃないかな。と思うんです。

犯罪等で人に迷惑をかけるのはもちろんダメですよ。

けれど、挑戦するために親とぶつかって、
自立するのは、本当の意味で親孝行だと思います。

ただ、いい子でいることが親孝行ではないはずです。

僕は、AmazonPrimeで配信されている
「All is Well」というインドを舞台にした映画が好きで、

登場人物の中で、親にエリートになれと言われ続け、それに従っていた子供がやりたいことのために初めて反抗したシーンがありました。

子供は親の夢ではありません。

親は親の夢を追いかけ、
子供は子供が好きなような夢を追いかければいいと思います。

少し、話がそれましたが、
コンフォートゾーンは物理的にも精神的にも、
外れることによって、一気に進化します。

今まで自分が行ったことがなかった場所。
出会ったことがなかった人たち。
勉強したことがない分野を学ぶ。

過去にあり得なかったことをやる。
ことで、成長することができるのです。

僕は起業したくて仕方がなくて、
人生で初めて大金を借金しました。

最初はすごく怖かった。

でも、やってみたら、
笑顔で知人は僕に大金を預けてくれた。

そのお金を使ってプロから素直に学び、
2倍のお金に増やし、
それをすべて、知人家族に返した。

やってみないと分からないことだらけです。

最近だと、僕は「開門岳」に登ってきました。
鹿児島で有名な険しい活火山です。

標高は900mほどですが、
道が整備されていなく、
大きな岩や木の根っこを登りながら、
山頂を目指していきます。

最初、登山道に入る前、
果てしなさすぎて
「登るのを止めよう」と思いました。

4合目、5合目辺りが相当辛く、
何度、家に帰りたいと思ったことか笑

でも、協力して登って、
山頂から世界を見下ろした時に、

「一回死んで、もう一度生まれ変わった」
そんな感覚がしました。

登山後の僕は、仕事もすごく進み、
活力に満ち溢れています。

「やったことないことをやってみる」

ずっと同じ道ではなくて、
違う道にそれてみたっていいじゃん。

それで、うまくいったなら、
レールを乗り換えればいいし、

それで、ダメだったら、
また、戻ればいいのです。

それでは、
ありがとうございました。

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!