復習が明らか最強なのにやらなくなってしまう5つの理由。

こんにちは、えーき です。

結果を出す上で復習するのが最強だよ。って話をしていきます。

 

 

復讐ってもうめちゃくちゃ強くて。

勉強したりとかビジネスで成果出したりとか資格取るときとか、

なんでもそうなんですけど、

 

 

今まで勉強してきたことを、

ちゃんと復讐して実践していれば結果が出るってことが多いんですよ。

 

受験勉強だったら、前解いた参考書をまた読むとか、

1回読んだ本とか、ブログ記事とかも、

相手の意図まで読み込むレベルで読む。

 

これができたら最強なんだけど、

 

 

なぜか、人って復讐をやりたがらない。

 

 

その理由として5つほどあるので、まとめてみた。

5つの理由
1.新しい知識じゃないと刺激が入らないから 2.昔学んだものをもう1度学ぶことにどこか無駄なんじゃないか?と思うから 昔学んだことを忘れている現実と向き合いたくない 3.悔しいから、プライドの問題 4.新しく学んだものでどうにかしたいから。 5.微増はするけど、急増はしないことを避けている。 コツコツと言えば聞こえはいいが、慣れていることに妥協している面もある。

 

 

何回か読んだり聞いたりしていると、

 

なんかまあ、あんまりやってる気がしないんですね。

 

人間新しい知識を見る方が好きだし、

快感物質も出してくれるんですよ。

 

気分が滅入ってる時は運動するのがいいんですけど、

地味だから極力やりたくない。

 

なんですけど、それって有効な手段で、

それを有効な手段とは思いたくない。

 

他の手段でどうにかしたい。逃げたいという心が発動します。

もう一回同じものみたくないとか。

 

だいたいもう一度みたら新しい発見とかあるんですよ。

 

一人気に入っている人がいたらなんどもなんども僕は聞くんですね。

 

何度読んでも毎回発見がある。何度でも勉強してます。

 

だって、自分の記事でさえ見返しますもんw

気分が滅入っているとは、自分のブログ記事とか作ったpdfとか読んでテンションをあげています。

 

自分で自分をコンサルしているように記事を作ったりしてます。

 

 

この記事読んだよ。じゃなくて、

また読んでみて、前は黙読だったから、じゃあ今度は音読するぜ!ってやってみると、

 

ボロがボロボロ出ますよ。

 

「うわーw 俺知れてねぇじゃん。読み流してたわ、発見!」みたいな

 

復習すると絶対発見があるから困りますね。

 

これ以上にコスパいいことはないんだけど。

 

上記の5つの心理状況がやらない理由を探している。

 

 

これは勿体無い。やっぱり脳みそに支配されてはいけませんね。

 

脳みそって味方ではない。最大の敵である。

 

脳みそ君は半端ない怠け者。出来るだけ楽な道を選びたがる。

 

 

だから、新しい知識とかだけを追い求めがちなんだけど、

脳みそを調教してあげるために復習する環境をとにかく作ってあげる。ことが大事です。

いかに自分の脳を調教して人間最大のポテンシャルを発揮できるかです。

 

これを聞いて希望を持っていただきたいんですね。

 

例えば、道って最初はわかんないけど、

だんだんと慣れていって、必ず覚えますよね。

復習や反復で乗り越えられない問題は一つとしてありません。

 

 

新しい情報を知る時って、

新境地への旅行みたいなもので、

 

最初からわかるわけないんで、

だんだんと慣れていけばいいんです。

 

僕も金融とかまじわけわかめだったけど、

ゴールデンウィークで学びまくったら、

やっぱ流石に覚えましたし、早速ビジネスに活きています。

 

ゲシュタルトが繋がっていくと、

うっわこことここが繋がりやがった。

という気持ちい現象が起こります。

 

これって、新しい近道を見つけた時の感覚に似ています。

ここ歩けば家まで一発じゃん。みたいなね。

 

微増はするけど、急増はしないことに逃げている。

 

100が110とかに微増とか。

 

復習すると慣れるんですけど、

良い意味での慣れと、

悪い意味での慣れってのがあって、

 

 

例えば、だから慣れたことをずっとやっちゃうこととか。

 

難しい話で、仕組みを作っていく上では積み上げていくことが大事なんですけど、

 

それが果たして攻めなのか?守りなのか?というと守りの時もあると。

 

 

ずっと同じことをやってて、ちょっとずつ増えてはいくだろうけど、

ドカンとは増えないよね。ってことをずっとやってることがあります。

 

 

ビジネスって有効な戦略取っていると、

ビジネスで急増します。

微増に逃げるな急増を目指せ。って感じですね。

 

 

年収が500万の人が年収1000万を目指しているのであれば、

40歳くらいで1000万であれば頑張っていればいく可能性もあるけど、

年収1億目指したいなら、サラリーマンなんてやってても無理なんですね。

 

 

復習する上で重要なのは、そもそも知識。

この知識がそもそも大前提としてあってないとダメだけど。

 

 

自分でやったことを自分が全然覚えてないことが不快なんですけど、

ただ、やったほうがいいので。

 

 

人間の脳みそってのはすぐ忘れんだな。って改めて思うんですけど、

自分を過信しないで何回もやり直していけば、

謙虚になっていくし、復習している自分に自信を持って欲しいです。

 

なかなかできることじゃないんです。

ちゃんと復習している人間って本当にかっこいいですよ。

 

エネルギーを高めていって欲しいし、

モチベもあげていって欲しいですね。

 

自分が書いた時のメモとか読み返すたびにモチベが戻るんですけど、

別に全然それでいいんですよ。

 

一人の人を見つけて素直に、

またこの人に勉強させられましたわwみたいな。

これでいいんですよ。

 

どんな手段を用いるにせよ、

有効な手段をやって活きましょう!

 

そんな感じで以上です。

 

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!