起業して1年。そして20歳になりました。

こんにちは、えーきです。

私事ですが、2019年11月5日、
ついに、20歳になりました。

19歳の誕生日(2018年11月5日)
起業を決意して、ちょうど1年になります。


この1年、長いようで早かったですね。

ものすごく「濃密な1年間」を過ごせたと思います。

 

2019年の目標は
「ビジネスで月収100万円稼ぐ」でした。

1年間で達成する予測でしたが、
思ったより早く、5ヶ月間で目標を達成しました。

 

生活も大きく変わりました。

5ヶ月前は、

・好きなメニューを気にせずに頼めるようになりたい

・恋人とデート行くためのお金が欲しい

・仕事仲間と気軽に旅行に行けるようになりたい。

という状態でした。

 

そこから、

・好きなメニューは気にせず頼めるようになり

・デート代を気にせずに好きなところに行けるようになり

・人が少ない平日に好きなところに仲間と旅行に行っている。

という状態になりました。

 

これはあくまで一側面に過ぎなくて、

・志の高いコミュニティで互いに高めあう。

・お金を自分を成長させ誰かのために使う。

・「一生の仲間」と最高の出会いに恵まれる。

など、

ただお金を稼いで好きなことをやるだけでなくて、

ビジネスを通して、
仲間と一緒に壁を乗り越えて成長していく。

というのが、
最高に楽しくてビジネスをやっています。

それにしても、
予測していたよりもはやく目標達成できたのは、

自分でやっていてかなり驚きました。

なぜ、速く成果を出せたかというと、
成長を促してくれる「先生」や「仲間」と
出会ったからに他ありません。

人は「人とのつながり」を通して、
大きく成長していきます。

当時、5ヶ月で月100万円達成した時は、
「人から学ぶとこんなに早いのか」と思いました。

その中で、失敗も多くしたし、

人間関係で大変なこともあったし、

一歩踏み出す勇気をたくさん振り絞りました。


例えば、

家族に言わず都内で家賃4万のシェアハウスに住み、
固定費を浮かして、その分、先生から教わったり、

知人から100万円で返す条件で、
50万円を借金(実質借金100万円)をして、
4ヶ月後には自分で稼いだお金で返しました。


今思えば、
最初は、喋りも下手だったし、
文章も下手だったし、ビジネスも下手でした。


でも、なんで、ここまで来れたのかというと、

「逃げたい!」という場面で逃げずに向き合ったからです。

 

なぜ私たちが、物語に触れて感動するのかというと、

登場人物たちは重荷を捨て、引き返す機会はあったのに帰らなかった。信念を持って道を歩き続けたからです。

逃げたいという場面で引き返さない。立ち向かう。

ということを
積み重ねていくことで、
対価として、大きな報酬を手に入れることができる。


僕は、誰よりも失敗してきた自信があります。

でも、そこでくたばらず、
「良い経験した!」と次に活かしてきました。

おそらく、僕が一人きりでやっていたら、
ここまで短期間で成果を出すことは難しかったでしょう。

支えてくれる先生や仲間がいてくれたおかげで、
苦難も楽しんでみんなで乗り越えることができました。

 

とりあえず、この1年で、
おそらく一生お金に困らない人生を作り上げることはできました。

しかし、
一生、お金が入り続けるかどうかは、
僕にとっては、正直どうでもいいのです。

必要な時に必要な分のお金さえあればいいし、
人のため、コミュニティのため、日本の未来のため、
にお金を使っていければいいと思っています。

お金よりも、
互いを高め合い、協力してくれる仲間や、
正しい道を教えてくれる先生が大切なのです。

 

起業当初は認めてくれる人は、
あまりいなかったけれど、
だんだんと認められるようになりました。

結論、
「自分が変われば、周りも変わるんですよ」

 

周りを変えようと頑張っても、
なかなか難しいものがあります。

 

夫婦関係でも同じで、
相手にばかり要求するのではなく、
まずは自分から協力していくこと。

深く関わろうと思ったら、
相手の嫌なことも見なければならなくなります。

その時に、

相手の好きなところも、相手の嫌なところも、
光と闇、両方受け入れるってことが大事だと思います。

その姿勢は、
相手も無意識でも汲み取ってくれるようになります。

最初は、周りの意見は無視で良いです。

いざ、ビジネスで大成功しよう!という時に、
相談するべきじゃない相手に相談してしまうことが、
よく、よく、あります。

理由としては、
よっしゃ!一線越えるぞ!と表面では思っても、
「それ以上いったらヤバい。誰かに止めて..!!」
と無意識にブレーキをかけるのです。

それを「恒常性」と呼びます。

この時に、その勢いで一線を超えられる人が、
ビジネスで大成功を収めることができるのです。

と言うものの、過半数の人が、
その恒常性に囚われて一線を踏み出せない。

だから、みんなが挑戦しているような、
仲間に囲まれていると自然と挑戦できるようになります。


逆に、愚痴が多い飲み会とか、
薄いつながりの人に誘われてもいきませんでした。


それよりも、まずは自分が価値を生み出せる人間になって誰かに価値提供することが最優先だったので、言い方は良くないですけど、他のことは捨てたんですよね。

 

僕は、気をぬくと、
すぐワンピースの動画とか、
ナルトの動画を見てしまいます。笑


僕は、普通に「ダメ人間」ですよ。


ダメ人間だからこそ、
ダメ人間でも勝てる戦略を考えたのです。

 

あと、結構忘れっぽいので、
買った教材の音声は何度も何度も反復していました。

 

これは良かったですね。

音声は作業しながらでも、
ハードル低く学べるので聞いているだけで、
人間力やビジネス力がついてきます。

 

あと、基本家を出るようにしてました。

僕はこれを、「即コメダ」と呼んでいるのですが、暇があったらコメダ珈琲に行く。ってことをやってましたね。

あとは、ウォーキングはよく行っていました。

あとは、あえてコンサル生とのミーティング入れたり、あえて作業会を入れたり。よく、コンサル生と温泉に行ってアウトプットしながら作業してます。

起業家って選択の自由があるからこそ、
あえて制限を入れることで、密度の濃い毎日を過ごしていけます。

 

ハタチも思いっきり学んで挑戦を徹底していきたいと思います。

 

そういえば、やっと成人だから、お酒飲めるんで、

ワイン会とかビール会とか日本酒会とか開催したいですね。

 

 

20歳は、
今よりさらに多くの人に価値を提供できるように、
さらなる出会いを大切にして、自己成長と他者貢献を、
繰り返していこうと思います。

これからも、
「主体的で魅力的な人になれるコミュニティ」
を作って、日本を明るくしていけたらと思います。

 

それでは。

追伸

 

 

11/5 ヴァンパイアカフェ銀座店さんにて、

コンサル生の方からサプライズをいただきました!

 

ヴァンパイアカフェの伯爵のキャラが濃く楽しかったですし、

サプライズ、そして誕生日プレゼントも頂き、本当に嬉しかったです笑

 

僕は、有難いことに、本当に素敵な方々に囲まれていると実感します。より、価値提供できるように、もっと学び行動して参ります。トップ取ります。

 

 

ヴァンパイアカフェめちゃ良かったです笑 

その様子を。

 

 

 

 

それでは!

 

 

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!