嫉妬してても意味がない。恥をかけばかくほど収入が上がる。

こんにちは、えーきです。

 

よく、凄い人に、

嫉妬してしまう時ってありませんか?

僕も、小さい頃は、ビンビンにありました。

 

最近、「凄い人に、嫉妬してしまって作業が進まない..。」

という、深刻なご相談を受けました。

 

その方はかなり悩んでいて、

僕が話したのは、

開口一番「嫉妬しても全く意味ないよ」です。

 

かなり、率直ですが、本当にそうなのです。

 

少し、僕が初心者の頃の話をします。

 

収益がで始めたあたりで、僕が思ったのが、

「月100万円で十分生活できるな〜」ってこと。

 

けれど、周りは、

「年収3000万円!年収1億円!」

とウェイウェイ稼いでいるのをみて、

くそぉ!オレはもっと稼いでやる!意気込んでいました。

 

「オレの方が実は凄いんだ」

と、ドヤさで言っている人を寒い目で僕は見てました。

 

それって「嫉妬」でしかないんですよね。

 

正直にいうと、

僕は、あんまり嫉妬しませんでした。

 

それよりも、常に上を目指していて、

凄い人から言われたこと、言っていたことは、

素直に信じて、すぐ実行に移すことを心がけてました。

 

そしたら自然と収入が”爆上がり”していきました。

 

嫉妬しても、全く意味がないって、

無意識で気づいてたのかもしれません..笑

 

嫉妬で始めたビジネスは、嫉妬で終わります。

嫉妬相手を超えた瞬間に、目的を見失うのです。

それに、必ず嫉妬してくる人が周りに集まる。

 

嫉妬しているということは、

自分のことしか考えていないので、

単なる「利害関係」で終わってしまいます。

 

これって、「戦争」とよく似ていて、

日本は2600年以上、国が滅んだことはありませんが、

中華人民共和国はたった70年の歴史しかありません。

 

なぜなら、毎回、国王を殺して、

自分が国王になる。というやり方を続けているからです。

 

世の中は、「カルマ」であり、

原因と結果はセットでやってきます。

 

悪いカルマを積んだ人は、

必ず、自分に帰ってくる。

 

それは、国王を殺してのし上がった人間が、

最終的に、自分がやったのと同じようなハメを受けるのと、

同じように。

 

つまり、嫉妬をしていると、

自分がしてきた嫉妬が、悪い形で自分に帰ってくる。

 

嫉妬って、そもそも「自分主体」ですからね。

 

僕がその方に続けて言ったのが、

「それよりも”恥”をかいたらいいんじゃないの?」

ってことです。

 

恥をかくことはよくないこと。だと、

教わってきた人は意外に多いかもしれません。

 

確かに、恥を知らないのは、良くない。

 

しかし、実は、

「恥をかく=めっちゃ成長する」

のです。

 

例えば、学園祭で司会をやった時に、

一発ギャグをかまして、盛大に駄々滑りした。

心の中では、

(うわぁ..終わった…。もう誰にも顔見せられんわ..。)

と思うでしょう。やらかした。とも思うでしょう。

 

でも、もしかしたら、

めちゃくちゃウケたかもしれない。ですよね。

 

もし、一発ギャグをかまさない選択をしたら、

「あー、あの時かましておけば、最高の思い出になったのになぁ。」

と、死ぬまで一生心残りがあるまま過ごすことになります。

 

僕は、

『やらない後悔よりも、やった後悔』

だと思うんです。

 

僕は、滑ったとしても、

”カマす選択肢”をとった人生の方が、

その後、圧倒的に良くなっていくと思います。

 

カマす選択肢をとってきた人、

内侍は、とることを決意した人は、

誰かに嫉妬している暇はありません。

 

そんな時間があれば、

自分を成長させてもっと誰かを幸せにしています。

 

そういう”生き方”を見て欲しいし、

知って欲しいのです。

 

そしたら、嫉妬している自分が、

自然と、「恥ずかしく」なっていきます。

 

この方は、誰かの幸せのため、

楽しみながらも真剣にビジネスを取り組んでいるのに、

自分は誰かに足を引っ張ろうとしてる…。

恥ずかしい。この人みたいに成長して、

周りを感化できるような人になってやる!!

 

このように、「周りを感化できる人間」

になれれば、ビジネスって自然とうまくいきます。

 

一連の話をしたら、相談してくれた方は、

そうだったのか!!と言わんばかりに感嘆してました。

 

読んでくれた方が、この話を広めて、

「嫉妬」がこの日本から無くなれればなぁ。と。

 

Twitterや2chで

嫉妬合戦、足の引っ張り合いをしていますが、

不毛でしかないな。と思います。

 

その時間があれば、ビジネスの勉強をして、

自分自身が結果を出して、周りを”感化”していきましょう。

 

それでは、

ありがとうございました。

そうだ、彩りの世界へいこう。

僕は、偏差値28だったり、体力テストで最低ランクであるE判定を取ったり、
『超』がつくほど落ちこぼれな19年間を送ってきました。

インターネットビジネスに出会い、19歳(月収0円)→20歳(月収300万円)たった1年で劇的に進化して、人生が180°変わり、今では、素敵な仲間に囲まれながら最高な人生を送っています。

500万円以上のお金を情報に投資し、得てきた実学を書籍にまとめました。

・ゼロからお金を生み出すビジネスの全体像
・ビジネスは、まず何から始めればいいのか?
・才能なしでも月収300万円になった極意とは?

書籍を読んで、感想をくれた方には、ビジネスのマーケティングが学べる、期間限定の「会員サイト」もご用意しております。

『新時代の生き方指針』を無料で読んでみる。

日本には、社会によって決められた常識に縛られ自分の人生が生きられない人が増えて「灰色の世界」が広がっています。

だからこそ、このブログを通して多くの人の成功への兆しを作って本物の自由を提供し「彩りの世界」を目指していきます。

記事をご拝読いただきまして有り難う御座いました!